睡眠学研究レポート

睡眠時の口呼吸の原因と対策

睡眠時に口呼吸をすると、喉が乾燥したりいびきが悪化したりしてしまいます。口腔内が乾燥すると、歯周病や口臭など口腔疾患につながることも。睡眠中は、口呼吸ではなく鼻呼吸に切り替えたいものです。

そこで今回は、睡眠時の口呼吸の原因と、口呼吸を改善、防止するための対策についてご紹介します。

睡眠時の口呼吸のしくみ

通常、人は鼻と口で呼吸をしていますが、鼻呼吸のほうが呼気の加温と加湿という役割を果たすため、睡眠時はとても重要です。

 

しかし、鼻づまりなどによって鼻呼吸の量が低下して、口呼吸に偏重した呼吸になると、鼻腔で加温・加湿されない空気が直接のどや肺に送り込まれることになります。

 

結果として、睡眠時の口呼吸は「目覚めると喉が渇いている」「就寝中のいびきがひどい」といった症状を生じ、さらに睡眠時無呼吸症候群(SAS)などに関連する疾患を引き起こすおそれもあります。

 

睡眠時の口呼吸の原因

睡眠時の口呼吸の原因は鼻づまりに関連する疾患が多く、アレルギー性鼻炎、鼻中隔弯曲症、蓄膿症(副鼻腔炎)やアデノイド肥大などが挙げられます。

 

睡眠時の口呼吸は、鼻呼吸ができないことによる影響が大きいため、そのような状態のときは、耳鼻咽喉科で各種の原因に対する治療を行う必要があります。

 

口呼吸による口腔疾患

昼夜を問わず口呼吸により口腔内の水分が蒸発すると、口腔内が乾燥し、う蝕(虫歯)、歯周病、口臭、味覚障害、歯列不正、口唇の肥厚や乾燥、歯の白濁のような口腔疾患を引き起こすこともあるので、子どものころから鼻呼吸の習慣を獲得することが大切です。

 

参考図書:
ヘルスケアプロバイダーとしての歯周病感染リスクマネジメント
有坂岳大 DHstyle 5(6)30-33(2011)

歯科医師に必要な睡眠と呼吸の基礎知識 1 鼻閉,口呼吸と睡眠呼吸障害
鈴木雅明 Quintessence 32(12)2598-2601(2013)

花粉症による睡眠障害とその対応
原 浩貴,菅原一真,山下裕司,宮崎総一郎  治療 93 (3) 383-388 (2011)

監修

医師・医学博士

塩見 利明

愛知医科大学 睡眠科 教授

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠課題を抱える方をはじめ、よりよい睡眠で活動中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。

性別による睡眠の違い

女性の方がよい睡眠をとれている20代ごろから睡眠時の脳波の周波数帯域には男女差が見られるようになります。男性に…

夏と冬で違う快眠ポイントとは?室温・湿度や睡眠環境の工夫

夏と冬で睡眠環境に工夫が必要夏は暑さで寝苦しく、冬は寒さで寝つけないことがありますよね。気候に左右されず快適な…

最近、目覚めるとうつ伏せ寝に|眠るときは仰向け|解決方法は?

いっすーさん、起きた時に体が痛いのは困りますよね。「うつぶせ寝」は苦しそうなイメージがありますが、身体に負担が…