睡眠学研究レポート

【夢のメカニズム】覚えている時と覚えていない時の違い

夢を見る仕組み

睡眠中に毎夜のように見る「夢」ですが、いまだその全容は解明されていません。

 

心理学や精神分析方面でも積極的に研究が行われており、
「夢分析」で知られるフロイトは「夢は抑圧された性的衝動の表れ」と唱えていたり、
近年の精神分析の世界では「夢は深層心理の表れであり無意識を反映するもの」という説が主流となっていたりします。

 

人が夢を見るのは、寝ているときであっても眼球運動が行われており、視覚野で何らかの視覚情報が処理されているためです。とくにレム睡眠のときに、その動きは活発になり、鮮明な夢を見ているとされています。

 

また、夢は、記憶の再生と再処理過程で現れる「脳内イメージ現象」であるとも言われています。これまで自分が体験した出来事や、蓄積してきた記憶や情報がアトランダムに抽出されて、映像イメージに反映されたものが夢になるのです。

そのため、自分でその内容をコントロールすることは難しく、時に荒唐無稽なものであったり、恐怖心に駆られるものであったり、楽しげなものであったりと、悲喜こもごもの夢を見てしまうのです。

 

覚えている夢と忘れてしまう夢の違い

人が夢を見ている時間は、平均10分〜30分間程度と言われており、1日に何度も夢を見ることもあります。

人はレム睡眠時と、ノンレム睡眠時のいずれも夢を見ていることが判明していますが、鮮明でリアルな夢はレム睡眠時に限られ、記憶に残る夢は目覚める直前に見た夢だけ。ノンレム睡眠時の夢は、ほとんど記憶に残らないものとされています。

<レム睡眠時の夢の特徴>

・はっきりした夢
・荒唐無稽でありながらも内容が鮮明であったり、ストーリー展開があったりする
・起床後も記憶に残る

<ノンレム睡眠時の夢の特徴>

・はっきりしない夢
・内容が平凡
・起床後はほとんど記憶に残らない

 

参考図書:
『脳も体もガラリと変わる!「睡眠力」を上げる方法』(長岡書店)著/白川修一郎
『睡眠のしくみ』(ナツメ社)監修/鳥居鎮夫・睡眠文化研究所 著/小林保

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠に悩む全てのビジネスパーソンへ向けて、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。よりよい睡眠で日中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、良い睡眠習慣への改善を総合的にサポートしてまいります。

寝言がひどい・無意識に自分を叩くことの改善方法は?

多少の寝言であれば問題はありませんが、一晩中寝言をしゃべっていたり、殴るなどの行動が伴う場合にはレム睡眠行動障…

眠るたびに夢を見ることが悩み|3時間周期で目が覚め、金縛りも

じおさんは、夢に悩まされぐっすり眠りたいのに眠れずお困りなのですね。眠っている間の状態を自分で客観的に把握する…

時差ボケは予防できる!原因と仕組み、なったときの解消法

時差ボケの症状海外旅行で8割以上の人に起こるといわれる時差ボケ。時差ボケとは、ジェット機などの速い乗り物を使っ…

睡眠に関するご相談

Sleep Styles は、睡眠力でビジネスを加速するソリューションをご提案致します。
オンラインでのお打ち合わせも可能です。お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
TEIJIN
お問い合わせ
資料請求
TEIJIN