睡眠学研究レポート

睡眠時遊行症(夢中遊行症・ねぼけ)って?原因や症状、治療法は?

睡眠時遊行症とは

睡眠時随伴症の覚醒障害のひとつで、ねぼけ、またはいわゆる「夢中遊行症(俗称:夢遊病)」といわれるものです。

脳が眠っている状態で、身体だけ寝ぼけたように起き、行動します。

俗名からは夢をみながら行動しているようなイメージがありますが、実際には基本的に夢をみることがないノンレム睡眠の間に起こっている症状です。

睡眠時遊行症の原因

はっきりとした原因は解明されていません。子どもの場合には脳が未発達であること、大人の場合には他の病気が原因になっていたり、ストレスなどの影響も考えられています。

睡眠時遊行症の症状

本人には記憶がない

目的があるかのように数分~数十分間歩き回ったあと、何事もなかったかのように寝床に戻って再び眠ります。

翌朝、本人にはその記憶がないのが特徴です。

受け答えがはっきりしない

周囲から見ると、意識的な行動のように見えますが、重度の寝ぼけの状態のため、話しかけても受け答えははっきりしません。

行動は日常生活の範囲内

レム睡眠行動障害」とは対照的に、夢に反応するわけではないため、行動は日常生活の範囲内に限られます。

階段の昇降やドアの開け閉め、食事や入浴、電話をしたり、テレビを観たりなどで、暴力的になったり周囲に危害を加えることはありません。

睡眠時遊行症の対処法

症状があらわれているときは、声をかけるなどしても覚醒させることは困難です。ほとんどの場合は自分で寝床に戻り、元のように眠り始めます。

子どもの場合には青年期までには自然に症状が消えることが多いため、とくに治療の必要がないこともあります。

ただし、子どもでも症状が重い場合や、大人の夢遊病の場合には、薬物等の積極的な治療を検討するケースもあります。

行動範囲になる寝室周りや家の中は、できるだけケガをしないよう、壊れたり倒れたりしやすいものを置かないようにしましょう。

 

参考図書:
『睡眠障害国際分類第2版(ICSD-2)』(医学書院)発行:日本睡眠学会
『睡眠障害診療ガイド』(文光堂)日本睡眠学会認定委員会ワーキンググループ監修

監修

医師・医学博士

塩見 利明

愛知医科大学 睡眠科 教授

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠に悩む全てのビジネスパーソンへ向けて、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。よりよい睡眠で日中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、良い睡眠習慣への改善を総合的にサポートしてまいります。

明晰夢を見るテクニック|夢の中でくるくると身体を回すのがコツ?

みなさん、こんばんは。 俳優の伊藤裕一です。 やっぱり忙しくなると、ついつい犠牲なってしまうのが「睡…

子供がすぐに眠る!眠くなる絵本で話題の「おやすみロジャー」のお話は!?

眠くなる絵本が、子育てに奮闘するママやパパの間で話題になっています。「嘘みたいに子どもがすぐに眠った!」と驚き…

10歳、睡眠3時間|学校では眠いのに夜は眠れず、起きられない

Yukaさん、睡眠時間が3時間というのは、とても短いですね。夜ゆっくり眠れないと、昼間学校にいるときに眠くなっ…

睡眠に関するご相談

Sleep Styles は、睡眠力でビジネスを加速するソリューションをご提案致します。
オンラインでのお打ち合わせも可能です。お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
TEIJIN
お問い合わせ
資料請求
TEIJIN