睡眠学研究レポート

更年期や妊娠期の睡眠不調|女性特有の睡眠障害とは?

月経が関係する女性特有の睡眠障害

睡眠障害には、女性特有のものもあります。

とくに月経が関係し、年齢によって以下の2つの障害が起こりやすくなります。

① 月経関連過眠症

<特徴>

初潮を迎えるころから始まる睡眠障害です。月経前に1週間ほど続き、月経が始まると消失する症状です。

日中の眠気が増し、睡眠時間も長くなります。寝込むほどの重い症状が出てしまう場合もあります。

<対処法>

月経前症候群(PMS)と同じように、低用量のホルモン療法が有効とされています。

② 更年期障害(更年期症候群)に伴う不眠

<特徴>

閉経の時期に現れる睡眠障害。のぼせや発汗など更年期障害(更年期症候群)の症状が不眠を招きます。

その結果、寝つきが悪くなり、睡眠効率が低下します。

<対処法>

欧米ではホルモン補充療法が一般的ですが、日本では多くありません。

漢方薬、抗不安薬、睡眠薬、心理カウンセリングなどの治療法がポピュラーです。

>>睡眠薬の作用

妊娠中にかかりやすい「レストレスレッグス症候群(RLS)」とは?

発症は女性だけに限りませんが、妊娠中にかかりやすい睡眠障害として、「レストレスレッグス症候群(RLS)」があります。「むずむず脚症候群」とも言われています。

妊娠中は、鉄分が不足しがちになることや、妊娠によって下肢への神経が圧迫されていることも影響していると考えられています。

>>レストレスレッグス症候群(RLS)とは

 

参考図書:

『睡眠障害国際分類第2版(ICSD-2)』(医学書院)発行:日本睡眠学会
『睡眠障害診療ガイド』(文光堂)日本睡眠学会認定委員会ワーキンググループ監修

監修

医師・医学博士

塩見 利明

愛知医科大学 睡眠科 教授

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠課題を抱える方をはじめ、よりよい睡眠で活動中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。

月の満ち欠けが眠りにも影響?女性の心身に及ぼす影響とは

ようやく朝晩に涼しさを感じるようになった今日このごろ。9月は中秋の名月もあることから、絶好のお月見シーズンが到…

睡眠薬とのつきあい方

睡眠薬で「治療」するのではなく、出口を見据えた服用を睡眠薬は、不眠という症状を軽減するためのものであって、不眠…

赤ちゃんがぐっすり寝るには?|寝かしつけに役立つ7つの習慣

赤ちゃんの寝かしつけは、多くの親が経験する子育ての代表的な悩みの一つです。寝かせようといくら頑張っても、実はそ…