睡眠学研究レポート

子供が15~17時間睡眠|改善するためのよい病院は?

ドライバーさん、娘さんのこれからの生活を考えても、睡眠時間がかなり長い今の状態は心配ですよね。

中学以前は、今ほど長い睡眠を必要としていなかったということでしょうか?

原因を探るためにも一度、睡眠の検査を受けてみると良いかもしれません。

睡眠専門医については、睡眠学会から睡眠医療認定医リストが出されているので、参考になるかと思います。

加えて、睡眠の質を高める工夫もおすすめいたします。

いくつか快眠のための生活行動をご紹介しますので、できることから試してみてください。

・平日の起床時刻を一定にする
・休日も平日+2時間以内に起きる
・朝目覚めたら太陽の光を浴びる
・日中は活動的に過ごす
・午後3時までに20分ほどの短い仮眠をとる
・夕食は就寝の3時間前までに終わらせる
・夕食後は、少し暗めの白熱灯の下で過ごす
・就寝の1~2時間前に、軽い運動や入浴で体温を少し上げる
・眠る前の1時間はテレビやパソコン、ゲーム機、スマートフォンなどの画面を見ない
・起床時刻を1~2週間ごとに、10~15分ずつ早くする

あまり無理せずに、少しずつゆっくりと挑戦してみることがポイントです。

娘さんと相談しながらできそうなことから、睡眠環境を整え、生活習慣を変えてみてください。

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠課題を抱える方をはじめ、よりよい睡眠で活動中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。

ストレスフリーに生きたいなら、今すぐ始める&やめるべきこと

ストレスフリーに自分らしく働く自分と、常にストレスフルで気持ちに余裕がない自分なら、多くの人がストレスフリーな…

冬至の「カボチャ」「柚子(ゆず)湯」は快眠の知恵

今年(2017年)の冬至は12月22日(金)です。北半球では冬至が、一年で最も昼が短い日です。そして、この日を…

茨城県民の不眠度が高いのはナゼ? 納豆消費量と不眠度の関係性とは

こんにちは。西村まさゆきです。みなさんは、よく眠れているだろうか。フミナーズ編集部は、全国の都道府県別に、就寝…