睡眠学研究レポート

高3・6時間睡眠|規則正しい生活をしても日中眠いことの対策は?

ぬぬこさん、不規則な生活から、規則正しい生活へ改善をはかっていらっしゃるのですね。

規則正しい生活は、健康にも学習能力向上にも良いのでぜひ続けてくださいね。

さて、夜普通に寝ても昼間に眠気が出てくるとのことですが、午前中の眠気はいかがでしょうか?

朝から眠い日が頻繁にある場合には、睡眠時間を増やしてみることをおすすめします。

というのも、高校生に必要な睡眠時間は一般的に8時間程度と言われているからです。

午前中の眠気や休日に普段よりも長く寝てしまうことがあるようであれば、睡眠不足を疑い、睡眠時間の見直しを行ってみてください。

まずは、自分に必要な睡眠時間を知ることで、睡眠時間を意識的に確保しやすくなります。

午後の眠気対策には、短い仮眠が効果的です。

仮眠を習慣化すると、夜の睡眠の質もあがると言われているのでこちらもぜひお試しください。

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠課題を抱える方をはじめ、よりよい睡眠で活動中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。

あなたの睡眠はみんなと同じじゃない。睡眠のトリセツ作成のススメ

こんにちは。睡眠コンサルタントの土井です。連載の第14回目となる今回は、「自分の睡眠のトリセツ作成のススメ」を…

3時間睡眠でも日中の効率は落ちない?健康?|45分睡眠は可能?

3時間睡眠によって日中の活動の効率が落ちたり、健康を害することがあるか。とのご質問ですが、結論からいうと人によ…

不眠症の原因と対策のまとめ

日中の眠気がひどかったり、夜なかなか眠りにつけなかったりするのは不眠症の症状のひとつである可能性があります。不…