睡眠学研究レポート

休みの日に10時間睡眠と5時間の昼寝|一般的なことでしょうか?

ちーさんのように、朝食後しばらくしてから再び眠気が出てくる原因として、一番最初に疑いたいのは寝不足です。

睡眠時間は確保できていても質やリズムが悪いことで、十分な睡眠効果が得られず、寝ても寝ても眠い寝不足状態になっているのかもしれません。

平日はどのような睡眠を取っていらっしゃるのでしょうか?

平日と休日で就寝時間や起床時間に差はありませんか?

もし、この差が2時間以上あれば、「睡眠負債」がたまっている可能性があります。

次のような行動を意識しながら、睡眠の質やリズムをあげる工夫を行ってみてください。

・起床時間は毎日同じ時間に揃える

・起床後は、太陽の光を浴びて朝食をとる

・平日も短い仮眠習慣を取り入れる

・PCやスマホの利用は就寝1時間前までに終える

色々試しても改善しない場合には、病が関係している場合もあります。

「寝ても寝ても、眠い」は病気?考えられる5の原因も参考にしながら気になるものがあれば、受診もご検討ください。

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠課題を抱える方をはじめ、よりよい睡眠で活動中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。

理研が解き明かした、睡眠不足でも「記憶力」をUPさせる方法

「寝る間を惜しんで仕事や勉強をしても、記憶力が低下して逆に効率が悪い」なんて話を聞いたことがある人も多いはず。…

「眠るだけダイエット」成功の5つのコツ・睡眠とダイエットの関係【医師コラム】

二の腕をすっきり見せたいとか、お腹まわりを細くしたいなどの理由から、ダイエットを始める人も多いことでしょう。し…

“コミュ障”は睡眠不足も一因!?他人への共感力と睡眠の関係

人間関係の悩みは、いつの時代も尽きないもの。ここ数年で耳にするようになった”コミュ障”は、コミュニケーション障…