睡眠学研究レポート

眠ってすぐに金縛りなどで目が覚める|睡眠の質を上げるには?

自海さん、睡眠時間はいつも6~7時間取れているとのことですが、中途覚醒の回数や、中途覚醒後の寝つきについてはいかがでしょうか?

また、日中に眠気は感じますか?

頻度や昼間の様子によってもおすすめの内容が変わってくるので、今回は金縛りを軽減させる方法についてご紹介したいと思います。

金縛りの原因には、不規則な生活や過労、精神的ストレスの他、病が関係していることもあります。

対処法としては、規則正しい生活と睡眠習慣の改善が大切だといわれています。

次のようなポイントを意識してみてください。

・朝は、決まった時間に起きて太陽の光を浴び、朝食をとること。

・週2回以上、1回30分程度の運動を習慣化すること。

・夕方以降はカフェインをとらないこと。

入眠儀式を持つこと。

・眠る前のPCやスマホの利用は行わないこと。

・自分なりのリラックス法を取り入れること。

ただし、息がとまったり、何度も金縛りが繰り返され、十分な睡眠がとれずに日中も眠気が続くなど、日常生活に支障をきたすほどであれば、早めの受診をご検討ください。

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠に悩む全てのビジネスパーソンへ向けて、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。よりよい睡眠で日中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、良い睡眠習慣への改善を総合的にサポートしてまいります。

茨城県民の不眠度が高いのはナゼ? 納豆消費量と不眠度の関係性とは

こんにちは。西村まさゆきです。みなさんは、よく眠れているだろうか。フミナーズ編集部は、全国の都道府県別に、就寝…

ウォーキングの効果的な実践法|時間と歩き方について

ウォーキングは正しい方法で実践すれば、ダイエットにつながったり生活習慣病の予防になったりする、健康につながる運…

寝坊をするのは「睡眠負債」のせい? 朝スッキリ目覚めるための方法

どんなに気を付けていても、起きようと思っていた時間に起きられず、寝坊をしてしまう…。もしかすると、それはただの…

睡眠に関するご相談

Sleep Styles は、睡眠力でビジネスを加速するソリューションをご提案致します。
オンラインでのお打ち合わせも可能です。お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
TEIJIN
お問い合わせ
資料請求
TEIJIN