睡眠学研究レポート

39歳・仕事以外はほぼ睡眠時間|6~8時間睡眠で生活したい

みみさん、1日の半分の時間を睡眠が占めているのですね。

今の生活は、いつ頃から続いているのでしょうか?

人によっては9時間以上眠らないと寝た気がしないという「長眠型(ロングスリーパー)」の人がいます。

この場合、個人の体質などにも関係しているため極端に短くすることは難しいかもしれません。

しかし、以前は8時間程度の睡眠時間で過ごしていたにも関わらず、ある時点から長眠が必要になったのであれば、別の原因がある可能性も高いと思います。

ロングスリーパーの特徴や、ほかの病気との見分け方、睡眠時間を短くする方法などについては、「ロングスリーパーの睡眠時間は短縮できる?」の記事で紹介していますので、ご覧いただき病が関係している可能性があれば早めの受診をご検討ください。

睡眠専門医については、睡眠学会から睡眠医療認定医リストが出されているので、参考になるかと思います。

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠に悩む全てのビジネスパーソンへ向けて、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。よりよい睡眠で日中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、良い睡眠習慣への改善を総合的にサポートしてまいります。

病気というほどではないけど、ダルい…そんな「未病」を睡眠からも改善してくれるラウンジとは?

健康診断の結果は問題なしだったのに、なぜか身体はだるい…肩こり、頭痛、倦怠感など、すっきりしない状態を感じてい…

心に余裕があるときに眠くなく、余裕がないときに眠いのはなぜ?

ももちさん、身体が睡眠を欲し、寝てしまうのですね。毎朝きちんと同じ時間に起きれているので、ある程度ももちさんの…

短時間睡眠のコツは?眠りの質を高めれば目覚めスッキリ!

「忙しすぎて寝る時間がとれない!」と嘆くビジネスパーソンのみなさん、熟睡感は睡眠時間の長さによって決まると思い…

睡眠に関するご相談

Sleep Styles は、睡眠力でビジネスを加速するソリューションをご提案致します。
オンラインでのお打ち合わせも可能です。お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
TEIJIN
お問い合わせ
資料請求
TEIJIN