睡眠学研究レポート

運動・入浴をしても夜中に何度も目が覚める|グッスリ眠るには?

まこさん、夜中に何度も目が覚めて朝の目覚めもスッキリしない状態なのですね。

毎日、運動や入浴を行っているとのこと、素晴らしいと思います。
ぜひ続けてください。

加えて、運動などを行う時間帯を変えてみると、変化があるかもしれません。

運動習慣も入浴も、眠りの質を高める効果がありますが、行う時間帯によっては効果が得にくいためです。

特に、就寝直前に行うとかえって寝つきや深い睡眠を阻害する原因にもなります。

ジョギングは運動量としては少し負荷が高いため、夕方の時間に変更するか、遅くとも就寝3時間前までに終えるようにすると良いでしょう。

時間帯を変更できない場合には、30分程度のウォーキングなど、軽めの運動に切り替えることをお勧めします。

入浴もぬるめのお湯であれば、就寝1~2時間前までに、熱いお湯がお好みであればさらに1時間ほど早めに済ませてください。

良い眠りのためには、心身共にリラックスしている副交感神経が優位な状態で眠りにつく必要があります。

身体がお休みモードに入ってから眠れるように、スケジュールを見直してみてください。

また、まこさんのご年齢ですと一般的に必要な睡眠時間は6時間程度といわれています。

そのため、就寝時間を1時間遅くすることで、集中してぐっすりと眠れるようになる可能性もあります。

出来そうなことから試してみてください。

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠に悩む全てのビジネスパーソンへ向けて、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。よりよい睡眠で日中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、良い睡眠習慣への改善を総合的にサポートしてまいります。

夜中目が覚めたときに時計を見てから同じ時間に目が覚めるのは?

ひろちゃんさん、寝ている途中に目が覚めてしまうと「また起きてしまった!」と残念な気持ちになってしまいますよね。…

タバコが睡眠の質を悪化させる原因と禁煙のメリットとは?

タバコは睡眠を妨げるお酒やカフェインを含む飲み物と同様、タバコも寝る直前に吸うと睡眠を妨げてしまいます。吸った…

【頭皮マッサージ】頭皮むくみ・凝り解消で全身ゆるゆるに

頭皮マッサージをすると、頭皮のむくみや凝りが解消され、安眠できることがあります。「頭皮のむくみと凝り」というと…

睡眠に関するご相談

Sleep Styles は、睡眠力でビジネスを加速するソリューションをご提案致します。
オンラインでのお打ち合わせも可能です。お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
TEIJIN
お問い合わせ
資料請求
TEIJIN