睡眠学研究レポート

パートナーの寝言が多くなり、ねぼけ状態で行動も|悪化するか不安

まつさん、ご主人の寝言についてのご質問拝見しました。

寝言に加え、身体を動かすようなねぼけ行動は、まつさんの眠りを妨げることにもなりかねませんし、心配ですよね。

通常、寝ている間は脳や身体の機能が低下し、夢に反応して行動しないようになっていますが、眠りが浅く半分覚醒しているような「ねぼけ状態」では身体が動いてしまうこともあるようです。

ストレスや睡眠不足がねぼけを引き起こすこともあります。

最適な睡眠時間を確保することに加えて、心身ともにリラックスした状態で眠りにつけるように、眠る前の行動を見直してみてはいかがでしょうか。

例えば、「夕食は早めに済ませる」「就寝1,2時間前までに入浴する」「就寝1時間前までにPCやスマホの利用をやめる」「眠る前は光量を落とした環境で過ごす」「ストレッチや呼吸法を行う」などの行動がおすすめです。

その他、定期的に運動することも睡眠の質を高めます。

このように、生活行動を工夫することで症状が緩和することもありますし、多少の寝言であれば、治療を必要としないケースもありますが、ハッキリとした寝言や行動を伴うような場合には、危険な病気のサインである可能性も捨てきれません。

一度、専門医への相談してみると安心かと思います。

睡眠専門医については、睡眠学会から睡眠医療認定医リストが出ています。
ご検討ください。

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠に悩む全てのビジネスパーソンへ向けて、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。よりよい睡眠で日中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、良い睡眠習慣への改善を総合的にサポートしてまいります。

仕事のストレスが限界!性格別の対処法と予防法

仕事によるストレスが、心身に悪影響を与えることがあります。そんな状況に陥る前に実践したい対処法のほか、ストレス…

タイムマネジメントのコツ!仕事の効率を上げて自由な時間を創出

日々、仕事に追われる現代人。夜遅くまで残業をするのが当たり前になっている方も少なくないでしょう。とはいえ、深夜…

頭皮のかゆみ・臭いの原因は?|頭皮トラブルの対処法&予防法

毎日シャンプーしているのに、頭皮にかゆみや臭いをはじめとする異常を感じたことはありませんか?頭皮のトラブルには…

睡眠に関するご相談

Sleep Styles は、睡眠力でビジネスを加速するソリューションをご提案致します。
オンラインでのお打ち合わせも可能です。お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
TEIJIN
お問い合わせ
資料請求
TEIJIN