睡眠学研究レポート

睡眠改善のために眠る時間をずらして際に感じる眠気に耐えるには?

ハチとく~のおとーさんさん、ご質問ありがとうございます。

就寝時間を遅くするための、夜の過ごし方についてですが、簡単なのは、今の生活を全体的に後ろ倒しにすることではないかと思います。

夕食の時間や入浴の時間など、寝るまでの行動時間を変えてみてはいかがでしょうか。

また、現在は眠る前の時間をどのように過ごしていらっしゃいますか?

例えば、楽な姿勢でテレビをみていることはないでしょうか?

テレビ視聴はどちらかというと受け身になりがちになるため、眠気を誘います。

就寝3時間前までは身体を動かしたり、家事や仕事、趣味など何か頭を使って集中できるようなことがおすすめです。

特に夕方から夜にかけての運動は、眠りの質をあげる効果も期待できます。

ジムに行ったり、散歩やウォーキングなど習慣的に続けられるものが良いでしょう。

加えて、午後の早い時間に適度な昼寝を行うことも取り入れてみてください。

短い昼寝をとることで、夕方以降に居眠りをせず就寝時までに眠りのエネルギーをためることができます。

さらに、昼寝の前に緑茶やコーヒーなどカフェインを摂取しておくとより効果的です。

昼寝のポイントは、「深く眠らない」「長く寝すぎないこと」です。

1時間を超える昼寝は、認知症のリスクを高めることがわかっています。

まずは午後1~3時の間で30分間程度、目を閉じてリラックスすることから始めてみてはどうでしょうか。

参考になれば幸いです。

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠に悩む全てのビジネスパーソンへ向けて、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。よりよい睡眠で日中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、良い睡眠習慣への改善を総合的にサポートしてまいります。

「早朝覚醒」と加齢の関係は? | 朝早く目覚めてしまうことの弊害

「もっと眠っていたいのに、朝早く目が覚めてしまって眠れない」…。このような状態を、早朝覚醒といいます。望んでい…

「貧血」の症状とは?|背景にある病気の種類と対処法

ふらふらする、身体がだるいなどの症状で悩んでいませんか? もしかしたら、それは貧血が原因で起きているかもしれま…

生理のしくみ&トラブル対処法|妊娠の可能性や眠気との関係

女性の身体とは切り離せない生理(月経)。周期の乱れや体調不良、痛みに悩まされるなど、生理に対してネガティブなイ…

睡眠に関するご相談

Sleep Styles は、睡眠力でビジネスを加速するソリューションをご提案致します。
オンラインでのお打ち合わせも可能です。お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
TEIJIN
お問い合わせ
資料請求
TEIJIN