睡眠学研究レポート

64歳、うつ病で服薬中|早朝に目が覚める状態を改善したい

ハチとく~のおとーさんさん、4時に目が覚めてしまってはまだ寝ていたいという気持ちにもなりますよね。

目覚めのご様子はいかがでしょうか。

苦痛で起きてしまうのか、自然と目が覚めるのかによっても対応は違ってきます。

ハチとく~のおとーさんさんのご年齢ですと、一般的に必要な睡眠時間は6時間程度といわれています。

睡眠時間はそこそこ取れているご様子なので、例えば、23:30や0:00など就寝時刻を遅くしてみることで起きる時間も後ろ倒しになる可能性があります。

朝早く目覚めてしまう原因や予防と対策などについては、早朝覚醒と加齢の関係の記事でご紹介しておりますので参考にしてみてください。

また、昼食後に20分程度目を閉じて休む時間を持つと、午後や夕方の眠気予防にもなります。

ぜひ、仮眠も取り入れてみてください。

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠に悩む全てのビジネスパーソンへ向けて、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。よりよい睡眠で日中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、良い睡眠習慣への改善を総合的にサポートしてまいります。

うつ病で12時間眠ってしまう|過眠症なのか?

kenさんは、朝起きられずお仕事に支障が出てきているのですね。眠気の原因は様々です。病気や慢性的な生活習慣が関…

深夜3時くらいに目が覚めて、眠れなくなって、日中しんどいです。

実質的な良い睡眠が十分に確保できていないと、どうしても昼間にしわ寄せがきてしまってつらいですよね。途中で目が覚…

2時間置きに目が覚める|早朝、目が覚めて眠れないことの対策は?

あゆみさん、夜中に断続的に起きてしまい朝も早くに目が覚めてしまうとのこと、なかなかまとまった睡眠がとりにくいの…

睡眠に関するご相談

Sleep Styles は、睡眠力でビジネスを加速するソリューションをご提案致します。
オンラインでのお打ち合わせも可能です。お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
TEIJIN
お問い合わせ
資料請求
TEIJIN