睡眠学研究レポート

毎日同じ睡眠時間をとりたい|短時間と長時間睡眠を繰り返す

さとさん、ご自身の睡眠を見直すために睡眠記録をとることはとても理にかなっている素晴らしい方法です。

傾向を見るには、2週間程度記録をしてみることが必要です。

1つの方法としては、好きなだけ眠り眠っている時間をひたすら記録する方法です。

目覚ましをかけず部屋のカーテンも閉めっぱなしにして、自然に目が覚める時間に起き、何時間眠ったかを計ってみてください。

最初の1、2日は日頃の睡眠不足を解消しようとして睡眠時間がとても長くなりますが、4、5日かけて自分にとって必要な睡眠時間に徐々に落ち着いてきます。

ここで分かった5日目頃の睡眠時間を目安に、毎日同じ時間帯に同じ時間だけ眠る生活を1週間続けて、朝の目覚めや日中の調子など身体の様子を観察してみてください。

疲れを感じるようなら昼間に短い仮眠をとることも有効です。

ポイントは、睡眠時間を減らすような行動はできるだけ控え、規則性を乱さないように心がけることと、週単位といったある程度長いスパンをかけて様子をみることです。

たっぷり眠る日と睡眠時間を削る日を繰り返していると身体の負担も大きくなりますし、体内リズムを崩す原因にもなってしまいます。

ご紹介した方法では時間がかかってしまいますが、さとさんに合った睡眠時間が分かれば、不足した際のリカバリーも早めに行えるようになりますので、ぜひ試してみてください。

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠課題を抱える方をはじめ、よりよい睡眠で活動中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。

パートナーにイライラして眠れない! 夫婦の安眠環境を見直してみませんか?

新婚当初は、1日中一緒にいても幸せな気分に浸っていられたパートナーとの関係。 しかし、同居の年月を重ねていくと…

ストレスを解消したいときに試したい7つの方法

ストレスを解消したいと思っても、時間がなかったり具体的な方法が分からなかったりして実行できず、ストレスをためた…

深い睡眠を増やして、睡眠時間を短くするにはどうしたらよい?

blxxllさん、ご自分の睡眠について意識されており、素晴らしいですね。深い睡眠を得るためには、眠り始めにグッ…