睡眠学研究レポート

80歳|寝つきが悪く、目を覚ますと1時間は眠れない|夢と寝言も

カピーさん、まずは1週間の平均で、どれくらいの時間、実際に眠っているのかについて記録をつけてみてはいかがでしょうか。

カピーさんのご年齢ですと、一般的に必要な1日の睡眠時間は、5時間45分程度と言われています。

カピーさんの実際に取れている睡眠時間が分かれば、次に寝床にいる時間と寝ている時間の差が小さくなるように1日の生活を見直してみて下さい。

この時、眠くなってから眠る方が良い睡眠がとれるため、眠たくなる時間に就寝時間を合わせることも大切です。

例えば、0時頃に寝付くことが多いようであれば、0時から5時45分までを睡眠時間と設定し、この時間以外はお布団に入らないという方法です。

もしも現在、1日に2,3時間しか眠れていないようであれば、15時までの時間に仮眠をとり、合計して1日に必要な睡眠時間を確保するのも一つの手です。

頑張って眠ろうとするよりも、このような眠り方をする方が健康的な睡眠が得られやすくなります。

眠り方を変えてみても、悪夢や大声を出すような寝言が治まれなければ、睡眠の専門医に相談されることをおすすめします。

検査などにより原因が分かれば安心して治療に望めるはずです。
ぜひご検討ください。

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠に悩む全てのビジネスパーソンへ向けて、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。よりよい睡眠で日中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、良い睡眠習慣への改善を総合的にサポートしてまいります。

花粉症で眠い?眠気で苦しむ原因と解決方法とは

花粉の季節まっただ中。くしゃみ、鼻水、目のかゆみ…といった花粉症の代表的な症状にとどまらず、倦怠感がある、集中…

頻尿の原因と対策|夜中に何度もトイレに起きてしまうワケ

頻繁にトイレに行きたくなる「頻尿」の悩みを抱えていると、睡眠中に何度も尿意をもよおし、十分に眠れないことがあり…

夜、眠れないときの対処法|寝る前・日中・朝にできる13の方法

5月病や11月病といわれる症状の一つに不眠が挙げられるように、環境の変化に慣れてくる時期、季節の変わり目や日の…

睡眠に関するご相談

Sleep Styles は、睡眠力でビジネスを加速するソリューションをご提案致します。
オンラインでのお打ち合わせも可能です。お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
TEIJIN
お問い合わせ
資料請求
TEIJIN