睡眠学研究レポート

夜、気づくと眠っている|日中強い睡魔があるのは単なる寝不足?

ユキさん、自分でも気が付かないうちに寝てしまうほどの強い眠気は、治療が必要な状態だと思います。

このまま無理を続けていると様々な不調につながる恐れもあり心配です。

例えば、8時半には眠ると決めて準備を行い、勉強開始時間を早めるなどの調整は可能でしょうか?

現在のように、一度寝落ちしてしまった後、途中で覚醒し改めて眠る準備をしていては睡眠が分断されてしまいますし、何より寝床で眠れないため質の良い睡眠も得難くなってしまいます。

睡眠の質が悪ければその分を量でカバーしようと、必要な睡眠時間が増えたり、昼間に強い眠気を感じるなどの弊害も出てきます。

決まった時間に寝てしまうことがある程度分かっているのであれば、その時間に合わせて眠る準備を行ってあげるのが良いのではないかと思います。

加えて、昼間に短いお昼寝を行ってみてください。
正しいお昼寝は、睡眠のリズムを整える効果もあります。

それでも状況が改善しない場合には、睡眠の専門医に相談することをおすすめします。

睡眠専門医については、睡眠学会から睡眠医療認定医リストが出されているので、参考になるかと思います。

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠課題を抱える方をはじめ、よりよい睡眠で活動中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。

事務作業中の眠気|倦怠感と眠りの浅さ感じる|よい眠りをとるには

みこさん、仕事中の居眠りは印象の良いものではないですし、病気が原因の可能性もあるため、早めに解決したい問題です…

ロングスリーパーの睡眠時間は短縮できる?その特徴と原因、改善方法

睡眠時間が短くてもバリバリ動けるショートスリーパー(短眠者)に対して、睡眠時間が10時間を超える「ロングスリー…

禁煙すると眠い|つらい「離脱症状」の対処法は?

禁煙に取り組んでみたものの、仕事中に強い眠気に襲われてついついタバコに火をつけてしまった…。そんな経験はありま…