睡眠学研究レポート

目が覚めるとバンザイをしている|睡眠時無呼吸症候群との関係は?

検査によりイビキと呼吸停止が認められたとのこと心配ですよね。
バンザイ寝が無呼吸と関係していると言い切るのは難しいですが、
寝姿勢は仰向けよりも横向き寝の方が気道が確保しやすく楽に呼吸が行えます。

>>いびきのしくみと原因

 

呼吸がしやすくなることで、イビキや無呼吸が軽減することもありますのでぜひお試しいただきたいです。

抱き枕を使って横向きに寝てみてはいかがでしょうか。
横向き寝のコツは、肩が圧迫されないように工夫することです。
抱き枕は、横向き姿勢を支えてくれるので、肩や腰が楽ですし、安心感も得られます。

大きさは100cm以上の長めで、腕が回せるくらいの幅が最適です。枕の太さにボリュームがありすぎると、足を回したときに骨盤が開いて苦しくなってしまうので、選ぶときには必ずチェックしてください。
頭を支える枕との併用がおすすめです。

 

また、疲労がたまっていたり、身体のコリが強い場合にも呼吸はしにくくなるため、眠る前に筋肉をゆるめてあげる方法もいくつかご紹介しますね。
>>肩や首コリケアのストレッチ
>>疲れ目をゆるめるアイマスク活用法
>>お休み前のヨガ習慣

 

紬さんは飲酒や喫煙はされますか?
飲酒や喫煙によりイビキが出やすくなっている場合も考えられるので
心当たりがあれば、なるべく避けるようにするのが無難です。

 

無理のない範囲で出来そうなものをいくつか選び、続けることで変化が期待できます。
取り入れやすそうなものを探してみてくださいね。

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠課題を抱える方をはじめ、よりよい睡眠で活動中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。

睡眠の質はどうすれば上がるのか?│睡眠の質を決める3つの条件

睡眠は時間はもちろんですが、「質」も大切です。質の高い睡眠、すなわちぐっすり眠り、すっきりと目覚めることが、心…

CPAP(シーパップ)とは|睡眠時無呼吸症候群の治療方法

睡眠時無呼吸症候群の治療方法に「CPAP(シーパップ)」という治療法があります。どのような原因の睡眠時無呼吸症…

80歳|寝つきが悪く、目を覚ますと1時間は眠れない|夢と寝言も

カピーさん、まずは1週間の平均で、どれくらいの時間、実際に眠っているのかについて記録をつけてみてはいかがでしょ…