睡眠学研究レポート

こむら返りと夜間のトイレ回数との関係は?|冷え症対策の影響?

はてなわおんさんの詳しい状態が分からないため一概に因果関係について申し上げるのは難しいのですが、冷え対策により症状が出なくなった可能性はありますね。

 

季節などにより症状の出現に傾向はありますか?

冬場や、夏場のエアコンのかけすぎなどにより、冷えて血行が悪くなると、足がつりやすくなることがあります。

冷えは、筋肉を収縮させてしまうためです。

特にこむら返りは、筋肉が強く収縮することで、ズキズキとうずくような痛みを感じるものです。

そんな時は、患部を強く伸ばすことで痛みは弱まり、収縮が和らぎます。
痛みがなかなか治まらない場合は、局部をマッサージしたり、温めたり、患部を軽く動かしたりすると軽減するようです。

 

また、こむら返りと似たような症状のものに、「むずむず脚症候群」があります。

むずむず脚症候群の原因のひとつは、ドーパミンの減少と考えられています。

脳からの司令を伝えるドーパミンが減少することで、感覚器官が正しく機能しなくなることで、足がつったように感じてしまうのです。

この症状は、体温調節機能を酷使する暑い時期の方が出やすいという特徴があるそうです。

 

どちらにしても軽度な場合には、ストレッチ体操やマッサージと良い睡眠、カフェイン、アルコール、ニコチンなどを断ったり、軽めの運動を行うことで症状を抑えることができるともいわれているため、何か取り入れやすいものを探してみるのも良いかもしれません。

 

あまり頻繁に起こるようでしたら、薬剤で症状をコントロールできる場合もありますので、ぜひ専門医に相談して現状を把握し適切な治療をうけてください。

「こむら返り」は整形外科、「むずむず脚症候群」は睡眠外来と、かかるべきお医者さんも異なるのですが、睡眠障害との関わりも深いため、睡眠専門医や神経内科を受診されるとよいかと思います。

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠に悩む全てのビジネスパーソンへ向けて、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。よりよい睡眠で日中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、良い睡眠習慣への改善を総合的にサポートしてまいります。

すぐ眠れるが2時間おきに目が覚めて、トイレに行きたくなるのは?

りなさん、せっかく寝ついても途中で目覚めてしまうと十分な熟睡感が得にくくなってしまいますね。2時間おきに目が覚…

こむら返りの症状と原因・対処法|医師監修

睡眠時下肢こむらがえりとは睡眠中に現れるふくらはぎや足の小筋につるような痛み(筋肉が強く収縮して感じるずきずき…

眠ってすぐに金縛りなどで目が覚める|睡眠の質を上げるには?

自海さん、睡眠時間はいつも6~7時間取れているとのことですが、中途覚醒の回数や、中途覚醒後の寝つきについてはい…

睡眠に関するご相談

Sleep Styles は、睡眠力でビジネスを加速するソリューションをご提案致します。
オンラインでのお打ち合わせも可能です。お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
TEIJIN
お問い合わせ
資料請求
TEIJIN