睡眠学研究レポート

寝ても寝ても眠い|夜更かしや二度寝、夜間のトイレが眠気の原因?

寝ても疲れが取れず一日中眠気が続くと、心身共に負担がかかりますよね。

 

寝ている途中にトイレなどで起きてしまうことは、多くの人に起こることです。

途中で起きた後、再入眠に時間がかかるようであれば、睡眠不足の要因になりますが、再度スムーズに眠りに入れるようであれば、それほど深刻に考えなくとも大丈夫かなと思います。

 

しかし、ななさんの場合は午前中からずっと眠気に襲われているとのことなので、6時間の睡眠時間では不足している可能性が考えられます。

まずは、夜の就寝時間を少しでも早めることと、二度寝の取り方を工夫することで睡眠時間を十分に確保する方法をおすすめします。

次のポイントを意識してみてください。
・休日も平日と同じ時間に起きること(無理に早すぎる時間に起床時間を設定しない)
・二度寝は一度起きて身体を伸ばしたり、朝日をよく浴びてから改めてとる
・可能であれば週3回ほど15分程度の短い昼寝を取り入れる

▼上手な二度寝ととり方
>>二度寝には『良い二度寝』と『悪い二度寝』があった!
>>朝起きれない私が試した二度寝しない方法
>>「目覚めをスッキリさせる」16の方法

 

Fuminnersではシルバーウィークなど、少しまとまったお休みを利用して、自分に必要な1日の睡眠時間を調べる方法もご提案しています。
自分に必要な睡眠時間の目安が分かれば、あとはその時の自分の疲れ具合や体調に合わせて調整できるのでぜひお試しください。

>>寝過ぎもNG!最適な睡眠時間を知る方法(医師監修)

 

ただ、いくら睡眠時間をとっても眠いという場合には、睡眠障害などの問題が隠れていることもあります。
症状が改善しないようであれば、睡眠外来などの専門医にご相談されることをおすすめします。
日本睡眠学会では、睡眠学会認定機関、認定医師等のリストが紹介されていますので、受診先の参考になさってみてください。

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠に悩む全てのビジネスパーソンへ向けて、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。よりよい睡眠で日中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、良い睡眠習慣への改善を総合的にサポートしてまいります。

休日に寝だめしてしまう|スッキリ起きるためにしたらよいことは?

ゆーさんは、お休みの日に寝すぎてしまう状況を変えたいのですね。平日の睡眠不足を休日の長寝で補おうとする生活スタ…

不眠の原因は身体のゆがみかも!理想の睡眠姿勢ってあるの?

蓄積した疲労を回復しようと十分な睡眠をとったはずが、朝起きたら疲れがとれないばかりか、腰や肩が痛い…なんてこと…

中二の息子|朝起きられず、居眠りをする|今後の向き合い方は?

ねすぎたろうさん、息子さんが1日中眠そうにしているのは心配ですね。一般的に中学生に必要な睡眠時間は8.5~9….

睡眠に関するご相談

Sleep Styles は、睡眠力でビジネスを加速するソリューションをご提案致します。
オンラインでのお打ち合わせも可能です。お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
TEIJIN
お問い合わせ
資料請求
TEIJIN