睡眠学研究レポート

あまり眠くないのに長時間昼寝をしてしまう|夜眠れない改善法は?

あいさん、「ちょっとだけお昼寝」のつもりが、長時間眠ってしまうのですね。お昼寝は夜の睡眠の先取りになるので、長時間お昼寝してしまうと夜スムーズに寝付けなくなってしまうのは身体のリズムから考えると自然なことです。

それほど眠気を感じていないのに長時間お昼寝してしまうのは、
「夜の睡眠が不十分だと、身体が睡眠を必要とするので夜になる前に眠くなり、そのタイミングでお昼寝すると身体が回復するために長時間眠ってしまう」…という悪循環にあると思います。

まとまった時間お昼寝すると深い睡眠段階へ移行してしまうので、起きた後にもぼんやりして身体がダルく感じたりするかもしれません。仮眠のとり方を少し工夫してみると良いかもしれませんね。

 

●理想的なお昼寝
午後3時までに、20分程度の短時間で済ませることが理想的。ただあいさんにはあまり現実的ではないと思うので、学校や部活でまとまった時間がとれない場合は、ランチや休憩時間を利用して小まめに仮眠をとるのも眠気解消に効果的です。

後述の1分間仮眠法を参考にしてみて下さい。
効果的なお昼寝のポイント

 

●お昼寝の姿勢
ベッドに入って身体を横にするとつい長く寝てしまいがちです。仮眠をとる時は布団に入らず、椅子に座ったまま腕を組んだり、机にうつ伏せになったり、座ったままで落ち着きそうな姿勢を試してみて下さい。

 

●1分間仮眠法
医師が勧める仮眠法。眠気を感じる前に、小まめにとることがポイント。
1分間仮眠法の方法

併せて、睡眠の質を良くする工夫も大切です。悪循環を断ち切るには、夜の睡眠の質を上げることも解決策につながります。

 

●睡眠の質UPのポイント
・寝る前の刺激はなるべく減らしましょう。寝る直前までのテレビやスマホ、煌々とした照明はなるべく避け、食事もなるべく寝る3時間前までに。

・朝起きたら「朝日」を浴びることもポイント。目覚め・眠気のリズムが整い日中は活動的に、薄暗くなってから眠気を感じるサイクルが回りやすくなります。
日中眠気を感じるときの朝・昼・夜の対処法

 

勉強に部活に忙しい毎日だと思いますが、ぜひ質の良い睡眠を少しずつ整えていってみて下さい。

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠に悩む全てのビジネスパーソンへ向けて、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。よりよい睡眠で日中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、良い睡眠習慣への改善を総合的にサポートしてまいります。

睡眠の質を上げるカギは入眠を促す呼吸法!疲労回復効果もUP

「ウイークデーの睡眠不足や疲れは、休みの日にリカバリーすれば大丈夫!」「たっぷり眠れば、疲れはリセットできる!…

睡眠サプリも効かない|転職後、仕事の前日と当日に眠れない

シロさんはお仕事内容や環境が変わったことで眠りに影響が出てきているのですね。半年経っても状況が改善しないのは心…

タバコが睡眠の質を悪化させる原因と禁煙のメリットとは?

タバコは睡眠を妨げるお酒やカフェインを含む飲み物と同様、タバコも寝る直前に吸うと睡眠を妨げてしまいます。吸った…

睡眠に関するご相談

Sleep Styles は、睡眠力でビジネスを加速するソリューションをご提案致します。
オンラインでのお打ち合わせも可能です。お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
TEIJIN
お問い合わせ
資料請求
TEIJIN