睡眠学研究レポート

頻繁に早朝に目覚め、また眠ってしまうのはなぜ?

みるくるみさん、早朝に目が覚めてしまうのも、たまにであればそれほど気になりませんが、頻繁になってくると気になってしまいますね。

目が覚めてしまったあと、みるくるみさんはまたすぐに眠れるでしょうか?また眠れるようであれば良いのですが、朝の早すぎる時間に目が覚めてしまってそのあと寝つけなくなってしまうと、少し心配ですね。

「眠れない…!」と気持ちが焦るようになってしまうと、心身がゆったり休息できなくなってしまいます。

朝早くに目が覚めてしまうことは「早朝覚醒」といい、不眠症と診断される1つのポイントにもなっています。睡眠の不調は、一時的であれば「不眠」で済みますが、それが一定期間続くと「不眠症」に発展しかねません。

早朝覚醒のことを含め、以下のページで不眠症について解説しています。みるくるみさんもぜひ一度チェックしてみて下さい。

不眠症?眠れないときにチェックしたい7つのポイント

みるくるみさんの生活や環境で、最近何か変化はあったでしょうか? 生活の変化やストレスなどが、眠りの不調として現れることもあります。
眠る前には意識的に気持ちをゆったりさせる時間を持ってみて下さい。
もし、これといったお気に入りのリラックス方法をお持ちでないようなら、簡単に始められる呼吸法などはいかがでしょうか? 「ヨガ」に用いられる呼吸法の中でも、特に眠る前におすすめの呼吸法です。

アロマを使った片鼻呼吸法

もし「朝早くに目覚めることが増えたな、続いているな」と感じたら、早めに睡眠専門医にご相談することもご検討ください。
どんな眠りが得られているかは、自分自身ではなかなかわからないからこそ、検査や診察が重要になってきます。

もちろん、眠りは毎日のことですから、みるくるみさんのようにご自身で眠りの変化に気づけることはとても大切です。日中いきいきと活動的に過ごすための毎日の眠りですから、みるくるみさんに合った良い眠り方を見つけていけると良いですね。

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠課題を抱える方をはじめ、よりよい睡眠で活動中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。

安眠ヨガで眠れない夜を改善!布団の中でできる簡単ポーズ

眠れないときは、心と身体に多大なストレスがかかっている状態。そんなときは、ベッドや布団の上で簡単にできる安眠ヨ…

快眠するための11の方法|寝る前のお酒とコーヒーはOK?

快眠してスッキリと朝目覚められた日は、日中もアクティブに気持ちよく過ごせます。できるだけ快眠して、日々充実した…

高熱の後、眠りが浅い日が続くのはなぜ?|少しの物音で目が覚める

アンバーさんは、睡眠の不調が続いていらっしゃるのですね。風邪による高熱がきっかけのようですが、熱が下がってから…