睡眠学研究レポート

毎朝、今日も寝てるのかと不安になってしまう|よい解決策は?

シンタさんは睡眠に不満や不安をお持ちのようですね。

まずは、ご自身の睡眠の状況を理解することから始めてみるのも良いかもしれません。
睡眠のチェックポイントをご紹介しますので確認してみてください。
気になる項目があれば、その点を解消するための工夫を行うことで睡眠の改善につながります。

<睡眠チェック>
・ぐっすり眠れた感じがしない
・眠っている時間帯が不規則である(2時間以上のズレがある)
・適切な睡眠時間を確保できていない
・午前10~12時に眠気があり、スッキリしない
・目を閉じると1分で眠りに落ちる
・いつも体がだるい
・ものごとをネガティブに考えがち
・気持ちに余裕がなくイライラしやすい

「寝た気がしない」「眠りが浅い」と感じている場合には、深い睡眠を取るための工夫をおすすめします。
睡眠は、入眠後すぐの約3時間前後が最も深いため、寝始めが肝心です。
今晩からできる、質の高い睡眠をとる方法をご紹介しますのでお試しください。

1.湯舟に浸かる毎日入浴し、就寝1時間前には上がるように心がけましょう。
深部温度が下がるとぐっすり眠れます。

2.筋肉をゆるめる力を入れ続けた後に脱力する筋弛緩法や、体を伸ばすストレッチなどで1日の疲れをほぐすと快眠を得やすい身体に近づけます。

3.眠る前は、とにかく心身ともにリラックス状態に就寝30分は、副交感神経系が優位にすることが大切です。
寝る前は通常、手足が温かくなります。寝る前になっても冷えている場合には、皮膚血流が悪くなっている可能性があるので、冷え対策を行ってください。

そのうえで、スマホやTVなどから離れ、間接照明を灯し、香りや音楽などをかけながら、呼吸法を行うなど、リラックスタイムを持つと、スムーズに眠りにつけます。
どれも数日ですぐに効果は感じにくいかもしれませんが、週単位、月単位で続けていくと変化がみえてくるのではないかと思います。

それでも不安であれば睡眠の専門医に一度ご相談してみると安心かと思います。
日本睡眠学会の睡眠医療認定医リストを参考にご検討ください。

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠に悩む全てのビジネスパーソンへ向けて、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。よりよい睡眠で日中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、良い睡眠習慣への改善を総合的にサポートしてまいります。

睡眠は音楽で変わる!|「よく眠れる」音楽(曲)の特徴

動画サイトで「快眠のための音楽」が数多くアップされているように、心地よい音楽によって良質な睡眠を得ようと考える…

頻尿の原因と対策|夜中に何度もトイレに起きてしまうワケ

頻繁にトイレに行きたくなる「頻尿」の悩みを抱えていると、睡眠中に何度も尿意をもよおし、十分に眠れないことがあり…

腸内環境と睡眠に関係が?睡眠不足になる意外な理由とは

人の身体には膨大な数の細菌がすんでいると言われています。その中でも、最近特に注目されているのが、「腸内にすんで…

睡眠に関するご相談

Sleep Styles は、睡眠力でビジネスを加速するソリューションをご提案致します。
オンラインでのお打ち合わせも可能です。お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
TEIJIN
お問い合わせ
資料請求
TEIJIN