睡眠学研究レポート

手術後の不安感のため?服薬しても眠れない・目が覚める|対策は?

chikoさん、満足のいく睡眠がとれないと不安も不満もたまってしまうものです。
少しでも改善するようにアドバイスさせていただきますね。

ただ、お薬を服用されているとのことなので、処方して頂いている先生にご相談し、ご指示を仰ぐのが一番かと思います。
睡眠の専門医もおりますので一度相談してみると安心かもしれません。
日本睡眠学会の睡眠医療認定医リストが参考になります。

あくまでも先生のご指示を最優先にしていただきたいのですが、睡眠改善に役立ついくつかのポイントについてもご紹介しておきますね。出来そうなものから取り入れてみてください。

・就寝時間を遅くしてみる
寝床で過ごす時間を短くすることで、浅い睡眠が軽減したり熟睡感が得られやすくなることもあります。
chikoさんのお父様に必ずあてはまる訳ではないのですが、70代80代に必要な睡眠時間は5.75時間程度と言われています。この時間を目安に寝床で過ごす時間を見直してみると良いでしょう。
睡眠記録を取りながらお父様が過ごしやすい睡眠時間を探してみるのも手です。

・昼間は明るい場所で活動する
外の空気を吸ったり、極力明るい場所で過ごすことで活動量が上がり、有効な睡眠対策なります。
また、自然光を浴びることは、体内リズムを整える効果もあるため、毎朝決まった時間の日光浴もおすすめです。

・昼寝は目を閉じるだけでもOK
昼食後15時までの間に長くとも30分以内のお昼寝を取ることは睡眠の改善にも効果的です。
目を閉じているだけでも外部からの情報が遮断されて脳を休めることができます。
無理に眠らなくても、目を閉じて休む時間を取るだけでよいことを教えてあげてください。

 

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠課題を抱える方をはじめ、よりよい睡眠で活動中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。

眠気を吹き飛ばす!いつもの食事で効果的に疲労回復する方法

残業続きで寝不足!疲れが取れない。昼間に眠気がおそってくるけれど仕事が忙しい…という悪循環でいつまでたっても疲…

【精神科・呼吸器内科・歯科・耳鼻咽喉科・神経内科・渋谷区|睡眠総合ケアクリニック代々木】井上雄一理事長

眠りに悩む患者さんの症状をあらゆる視点から診療症状は90種類以上におよぶという睡眠障害。その多種多様な症状を研…

睡眠薬を止めて眠れない|アルコール禁止のためストレスが溜まる

ためちゃんさん、お薬をやめてから眠れなくなってしまったとのこと、1カ月ほとんど眠れていないというのはためちゃん…