睡眠学研究レポート

睡眠薬などを減らせたが、仕事を始めてから眠れない|増量が必要?

さなえもんさんは、お仕事を始めて眠れなくなってしまったのですね。

連休明けに調子が取り戻せない方が多いように、環境や生活が変わると自分で思っている以上に負担がかかるものです。

無理のない範囲で徐々に慣らしていくことで落ち着いてくるかとは思いますが、さなえもんさんの感じられている不安やお薬の服用方法については、やはり主治医の先生に伝えて指示を仰いだ方が良いでしょう。

とはいえ、夜眠れないと身体に疲れが残り、辛くなってきますよね。
少しでも休息を得られるように、寝不足を補う方法をご紹介します。

・休日に正しい二度寝を
安心して眠れる休日に長く寝てしまうことはありませんか?
休日に寝過ぎると体内時計が狂い、翌週の睡眠に悪影響が出てしまいます。
平日と休日との睡眠時間の差は2時間以内程度に留めてください。
もっと寝たいという場合にも、朝はいつも通りに起きて、朝日を感じながら朝食を食べたり、少し家事をして体を動かした後に二度寝をする「午前中の昼寝」パターンがおすすめです。

・仮眠習慣を持つ
もし、お昼休みに仮眠がとれるようなら15~20分程度の仮眠習慣を取り入れてみて下さい。
横になって眠る必要はないので、椅子などにゆったりと腰掛けて休みましょう。
この時、なるべく満腹状態は避け、締め付けもゆるめてあげれるとより効果的です。

1分間目を閉じるだけでも少し身体が楽になると思うのでぜひお試しください。

完璧を目指すよりも身体の様子をみながら無理のないスタイルを探してみて下さいね。

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠に悩む全てのビジネスパーソンへ向けて、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。よりよい睡眠で日中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、良い睡眠習慣への改善を総合的にサポートしてまいります。

同居人の騒音で眠れない|睡眠薬は効かなくなり、運動療法を実施中

miyukiさん、布団に入っても寝付けない状態が続いているのですね。一晩中うとうとするだけで、寝た感じもしない…

転職後、0時から15時起床に|睡眠時間が増えての眠いのはなぜ?

コバヤシさん、生活の変化と共に疲労感や身体的不調などを感じていらっしゃるのですね。コバヤシさんの実際の状況に関…

【新連載】不眠歴20年!克服した私が不眠の方に今伝えたいこと

はじめまして。本日より、フミナーズで記事の連載をさせて頂くことになりました睡眠コンサルタントの土井です。&nb…

睡眠に関するご相談

Sleep Styles は、睡眠力でビジネスを加速するソリューションをご提案致します。
オンラインでのお打ち合わせも可能です。お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
TEIJIN
お問い合わせ
資料請求
TEIJIN