睡眠学研究レポート

夢と寝言のせいか寝起きから疲れる|日中の眠気もあり改善したい

花田さんは日中に耐え難い眠気に襲われ困っていらっしゃるのですね。

お休みの日も朝のスッキリ感や日中の眠気は変わらないでしょうか?
何度も夢を見たという記憶が残っていることから、眠りが浅くなっている可能性がありますね。

深くグッスリと眠ることで改善するかもしれません。
そのためには日中の過ごし方も大切です。
ポイントをご紹介します。

【朝の過ごし方】
・毎朝同じ時刻に起きよう
・太陽の光をしっかり浴びよう
・朝ごはんをきちんと食べよう

【日中の過ごし方】
・日中は活動的に過ごそう
・屋外で過ごす時間を持とう

【夕方の過ごし方】
・軽めの運動をしよう
・カフェインの摂取は避けよう

【夜の過ごし方】
・お風呂でリラックスしよう
・アルコール、カフェイン、ニコチンは控えよう

【眠る前の過ごし方】
・光を避けてリラックスしよう
・寝る前は食べないようにしよう

夜の休息と日中の活動にメリハリをつけることが、よい睡眠につながります。

日中は交感神経を活発にして活動的に過ごし、夜は副交感神経が優位になるよう静かに過ごすよう心がけると良いでしょう。

さらに眠る前の体温コントロールにより深い眠りが得られやすくなります。

夕方の軽めの運動や就床の2~3時間前の入浴で体温を上げておくと、入眠後スムーズに深い眠りに入りやすくなります。

色々試しても日中の様子が改善しない場合には、睡眠の専門医に相談し原因を探してみた方が安心です。受診も検討してみて下さい。

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠課題を抱える方をはじめ、よりよい睡眠で活動中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。

休日に8時間寝ても午前中から眠い|太陽の光で眠気を調整したい

こっこっこさんがお察しの通り、睡眠時間が足りていない感じですね。午前中の眠気は、寝不足のサインといわれています…

睡眠時間を変えても居眠りが治らない|意識的な居眠りはできない

SARAさん、大学生活に影響が出てしまっては心配ですね。これまでもご自身でいろいろと調べて試されてきて、過眠症…

スマホが手放せない|急に眠れなくなり、日中眠いときの対処は?

疲れは感じているのに、思うように眠れないのですね。しかも徐々に悪化しているようにもお見受けしました。日中に眠気…