睡眠学研究レポート

ダラダラ生活で遅寝・二度寝が多い|ショートスリーパーになりたい

おむちゃんさん、夜にやりたいことをやっているといつの間にか時間が過ぎてこんな時間!ということもありますよね。

しかし、十分に睡眠がとれていないと体が睡眠を欲して、起きにくくなってしまったり、疲れが抜けず何をするにも時間がかかってしまいます。

時間に追われる生活で体を酷使するよりも、自分でコントロールできる生活を目指してみませんか?
そのためには睡眠を中心に生活スケジュールを組み立ててあげる方法がおすすめです。

短い睡眠時間でも健康的に過ごせるショートスリーパーの人は、特殊な「短時間睡眠の遺伝子」と呼ばれるものを持っている特別な人であると言われています。

そのため、基本的には普通の人がショートスリーパーになるのは難しいです。

しかしながら訓練により、今よりも必要な睡眠時間を短くできるメソッドを紹介している睡眠の専門医もいらっしゃいます。
ショートスリーパー入門の記事が参考になるかと思いますので、ぜひご覧ください。

毎日の習慣を変えるだけで、今よりも上手に眠りと付き合っていけるはずです。
睡眠の質をキープしつつ、おむちゃんさんにあった眠りのスタイルを探してみて下さい。

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠課題を抱える方をはじめ、よりよい睡眠で活動中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。

平日、起床後1時間、食欲がなく眠気が続くのはどうすれば改善?

りかさん、平日と休日とで睡眠時間や目覚めが違う印象のご様子ですね。もしかしたら平日の睡眠不足を休日で補っている…

朝スッキリ目覚める方法はこれ! 確実に早起きする方法まとめ

早起きに苦手意識がある方は多いはず。頑張って早く起きるなら、より良い目覚めを手に入れたい!早起きを習慣化させる…

朝弱く、何時に寝ても、朝起きられないことへの対処法は?

Mさん大音量の目覚まし時計に気づかない日々が続くと、かなり深刻な悩みになってきますよね。日常的に“睡眠不足状態…