睡眠学研究レポート

寝言の原因と弊害

寝言の原因

寝言は「睡眠中に何かを話している」状態のことを指し、小児の半数と成人の5%に見られる症状です。本人が自分の寝言に気づいていることは少なく、多くの場合には家族や同室のベッドパートナーなどによって指摘されます。

話の内容の明瞭性にはばらつきがあり、発症においてはっきりとした性差はないとされています。

寝言の原因は、突発的なものであったり、大人ではレム睡眠行動障害(RBD)睡眠時遊行症睡眠関連摂食障害(SRED)などの睡眠時随伴症にともなうものであったりとさまざまです。現在の研究では、はっきりとした原因がまだ明らかになっていません。

寝言による弊害

ほとんどの症例には重度の精神症状はともなっていません。ただし、寝言が多くなると、ベッドパートナーや同室者に環境性睡眠障害をもたらす可能性もあります。

また寝言の内容によっては相手に不快感を与えることになり、人間関係に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。

高齢者の大きな寝言

50~60歳以上の高齢で発症し、異常行動をともない、それが夢見体験に一致するときは、レム睡眠行動障害(RBD)が濃厚に疑われるので注意が必要です。

 

参考図書:
「睡眠障害国際分類第2版(ICSD-2)」(医学書院)発行:日本睡眠学会

監修

医師・医学博士

塩見 利明

愛知医科大学 睡眠科 教授

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠課題を抱える方をはじめ、よりよい睡眠で活動中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。

パートナーの寝言に要注意! 寝言でわかる病気のサインとは

「寝言を言ってたよ」と家族に指摘されたことはありませんか? 笑い事で済めばよいのですが、実は見過ごせない危険な…

夢と寝言のせいか寝起きから疲れる|日中の眠気もあり改善したい

花田さんは日中に耐え難い眠気に襲われ困っていらっしゃるのですね。お休みの日も朝のスッキリ感や日中の眠気は変わら…

体内時計の老化が睡眠不足の原因?体のリズムのメカニズム

「最近よく眠れない…」そう思うあなたの睡眠不足の原因は、「体内時計」が老化しているせいかもしれません。&nbs…

睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開するメディア