睡眠学研究レポート

睡眠時遺尿症(夜尿症・おねしょ)

睡眠時遺尿症とは

睡眠時随伴症の覚醒障害のひとつで、いわゆる「おねしょ」です。週に2回以上繰り返し起こった場合に診断されます。

統計的に、患者数は4歳児の約30%、6歳児の約10%、10歳児の約5%、12歳児の約3%と成長するにつれて減っていき、男女比は3:2で、やや男児の方が多い傾向があります。

睡眠時遺尿症の原因

尿意を感じても、深い睡眠中の場合に起きられないことが1つの原因です。

他にも、夜間の尿量をコントロールするホルモンや、膀胱の容量の影響などが関係しています。

睡眠時遺尿症の対処法

成長するにつれ自然と軽快していくため、とくに治療をせずに経過を見守ることが多い症状です。

ただ、症状が学童期にまで継続する場合には、子どもの生活面に支障をきたすなど、心理的な影響は少なくありません。

就寝前に水分摂取の量に配慮するなどの生活面での工夫のほか、薬剤での治療が有効な場合もあります。

 

参考図書:

『睡眠障害国際分類第2版(ICSD-2)』(医学書院)発行:日本睡眠学会
『睡眠障害診療ガイド』(文光堂)日本睡眠学会認定委員会ワーキンググループ監修

監修

医師・医学博士

塩見 利明

愛知医科大学 睡眠科 教授

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠に悩む全てのビジネスパーソンへ向けて、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。よりよい睡眠で日中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、良い睡眠習慣への改善を総合的にサポートしてまいります。

睡眠時随伴症(パラソムニア)って?原因や症状、治療法は?

睡眠時随伴症とは「睡眠時随伴症」とは、睡眠中に起こる異常行動の総称です。この障害は、大きく以下の2つに分けられ…

睡眠薬とのつきあい方

睡眠薬で「治療」するのではなく、出口を見据えた服用を睡眠薬は、不眠という症状を軽減するためのものであって、不眠…

不眠症の5つの原因と2つの具体的な対処法【医師監修】

不眠症の4つのタイプ不眠症とは、寝つきが悪い、眠りが浅く熟眠感がない、朝早く目覚めてしまうなどの症状が続き、日…

睡眠に関するご相談

Sleep Styles は、睡眠力でビジネスを加速するソリューションをご提案致します。
オンラインでのお打ち合わせも可能です。お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
TEIJIN
お問い合わせ
資料請求
TEIJIN