睡眠学研究レポート

布団のお手入れ

ベッドよりもメンテナンスは念入りに

布団のお手入れは、晴れた日の天日干しが基本。布団はベッドに比べて湿気を放出しにくいため、週に1回程度行ったほうがよいでしょう。

取り込むときは、軽くたたいてください。強くたたきすぎると、布団の繊維を壊してしまうおそれがあります。

羽毛布団を干すときは短時間でOK

羽毛布団を干す場合は、午前中の短時間ですませること。長時間干すと羽毛の脂分が飛んで劣化を早めてしまいます。

また、布団の表面は直射日光で傷みやすいので、専用のカバーを付けて干すことをおすすめします。

天日干しできないときのお手入れ

天日干しが難しい場合は、乾燥機や部屋干し、または布団クリーナーなどで定期的にお手入れをしましょう。

布団の汚れやにおいが気になったときには、専門のクリーニング業者に依頼するのもひとつの手です。

万年床がダメな理由

布団はベッドに比べて汗などの湿気を放出しにくいため、こまめなお手入れが必要です。とくにフローリングに直接敷いている場合は要注意。湿気が床に逃げず、カビやダニが発生しやすくなるため、万年床は絶対に避けてください。

また、布団を押し入れなどに片付ける際には、起きてすぐではなく、しばらく置いて湿気をとばしてからしまいましょう。

 

参考図書:
『眠りについて知ろう。』(快眠コンソーシアム事務局)著/竹内由美 監修/白川修一郎
『睡眠環境学』(朝倉書店)著/鳥居鎮夫
『眠りと寝室の科学』(松下電工 ライフスケッチ研究室)編/松下電工技術研究所 監修/小原次郎・梁瀬度子
『基礎講座 睡眠改善学』(ゆまに書房)監修/堀忠雄・白川修一郎 編/睡眠改善協議会

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠課題を抱える方をはじめ、よりよい睡眠で活動中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。

昼間の過ごし方で睡眠の質UP!昼間の眠気対処のコツ

日中は活動的に過ごそう夜の休息と日中の活動にメリハリをつけることが、よい睡眠につながります。日中は交感神経を活…

朝起きると枕をしていません。あまり意味がないので、枕をしなくてもいいですか。

枕の高さが合っていないせいです。 枕の高さが身体に合っていないため、寝ている間に不快になって、枕をよ…

寝すぎで頭痛になる原因とは?|すぐに解消したいときの対処法

寝すぎたときに、「疲れが取れるどころか、突然に頭痛に襲われてしまって1日憂鬱…」ということはありませんか?寝す…