睡眠学研究レポート

寝る前の食事は何時間前が良い?夜空腹を感じた時の対処法は?

夕食はタイミングが重要

寝る直前に夕食をとると、胃や腸が活発に働き、寝つきが悪くなってしまいます

また、睡眠中は胃腸がほとんど動かないので、胃の中に残った食べ物が朝まで消化されず、眠りの質を落とす原因にもなります。それが、朝食がとれないことにもつながり、食事のリズムまで崩れてしまいます。

夕食は、寝る2~3時間前までに食べ終えておくのが理想です。

 

寝る前に食べると太るのは本当?

睡眠時間が短いと、食欲を高めるグレリンというホルモンがたくさん分泌され、食欲を抑えるレプチンというホルモンの分泌が減ります

このため食欲が増し、摂取カロリーが高くなる反面、夜はエネルギー消費が少ないため、太りやすくなるのです。

十分な睡眠をとることでグレリンとレプチンのバランスが整えられ、食習慣の改善・睡眠改善につながります。

>>睡眠に関わる3つのホルモンとは?

 

3時間前に食べられないときは

残業などで寝る2~3時間前に夕食をとれないこともあるでしょう。そうした場合は、食事を2回に分けてとりましょう。

例えばいつも0時に寝ている人なら、21時までに簡単な食事をとり、帰宅後にどうしてもお腹が空いたら2回目の軽い夕食をとります。こうすることで、消化されずに胃に残る量を少なくすることができます。

 

寝る前にお腹が空いたときは

寝るときには胃にものが残っていない方がよいですが、あまりにも空腹すぎても寝つけません。寝る前にお腹が空きすぎている場合には、低カロリーで消化のよいクラッカーなどを少量とるようにしましょう。

 

参考図書:
『脳も身体もガラリと変わる!「睡眠力」を上げる方法』(永岡書店)著/白川修一郎

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠に悩む全てのビジネスパーソンへ向けて、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。よりよい睡眠で日中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、良い睡眠習慣への改善を総合的にサポートしてまいります。

週2回の勉強会に参加しだしてから同じ睡眠時間でも疲れがとれない

さぽんさん、勉強会での刺激が脳を興奮させて眠りモードに切り替えにくくなっているのかもしれないですね。リラックス…

目が覚める食べ物・飲み物は?朝の眠気を覚ます朝食メニュー

朝食の重要性朝食は、睡眠中に底をついた脳のエネルギーを補給する役割をもっているため、脳のエネルギーとなる糖質の…

質のよい睡眠につながる、夕方の過ごし方

軽めの運動をしようよい眠りにつくためには、体温をスムーズに下げる必要があります。そのためには、寝る2~3時間前…

睡眠に関するご相談

Sleep Styles は、睡眠力でビジネスを加速するソリューションをご提案致します。
オンラインでのお打ち合わせも可能です。お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
TEIJIN
お問い合わせ
資料請求
TEIJIN