睡眠学研究レポート

朝のストレッチで寝起き改善!布団でできる簡単なストレッチ方法

ベッドの中で行うストレッチ

朝起きたら、効果的に身体を目覚めさせるためのストレッチを行いましょう。筋肉からの神経刺激が、脳の活動を活性化してくれます。

①上体そらしストレッチ

快眠ストレッチ① 握りこぶしを膝ではさむ

・うつ伏せになり、両手のひらを肩の前に置く。
・腕を伸ばして上体を持ち上げ、お腹から胸にかけて伸ばす。同時に、大きく息を吐く。
・3回ほど繰り返す。

② ブラブラ体操

快眠ストレッチ① 握りこぶしを膝ではさむ

・ベッドで横になったまま、手足を上げてブラブラさせる。
・身体が目覚めはじめたら、座った姿勢に変え、深呼吸しながら背中や肩など大きな筋肉のストレッチを行う。

 

参考図書:
『今日からはじめる超快眠術』(旬報社まんぼうシリーズ)著/志田美保子
『ぐっすり眠ってスッキリ目覚める 快眠のための朝の習慣・夜の習慣』(だいわ文庫)著/内海裕子 監修/白川修一郎

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠に悩む全てのビジネスパーソンへ向けて、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。よりよい睡眠で日中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、良い睡眠習慣への改善を総合的にサポートしてまいります。

ムーンデイはくつろぐヨガで休息を。安眠にも効く「うつぶせのワニのポーズ」

前回の記事では、古くから変わることなく受け継がれてきた宇宙・生命のサイクルと、月の満ち欠けが人間の身体に及ぼす…

運動・入浴をしても夜中に何度も目が覚める|グッスリ眠るには?

まこさん、夜中に何度も目が覚めて朝の目覚めもスッキリしない状態なのですね。毎日、運動や入浴を行っているとのこと…

快眠につながる枕の選び方!6つのポイント

枕の役割とは快適に眠るために欠かせない枕。その役割は、マットレス(敷き布団)と頭部、頸部の間にできる隙間を埋め…

睡眠に関するご相談

Sleep Styles は、睡眠力でビジネスを加速するソリューションをご提案致します。
オンラインでのお打ち合わせも可能です。お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
TEIJIN
お問い合わせ
資料請求
TEIJIN