睡眠学研究レポート

朝のストレッチで寝起き改善!布団でできる簡単なストレッチ方法

ベッドの中で行うストレッチ

朝起きたら、効果的に身体を目覚めさせるためのストレッチを行いましょう。筋肉からの神経刺激が、脳の活動を活性化してくれます。

①上体そらしストレッチ

快眠ストレッチ① 握りこぶしを膝ではさむ

・うつ伏せになり、両手のひらを肩の前に置く。
・腕を伸ばして上体を持ち上げ、お腹から胸にかけて伸ばす。同時に、大きく息を吐く。
・3回ほど繰り返す。

② ブラブラ体操

快眠ストレッチ① 握りこぶしを膝ではさむ

・ベッドで横になったまま、手足を上げてブラブラさせる。
・身体が目覚めはじめたら、座った姿勢に変え、深呼吸しながら背中や肩など大きな筋肉のストレッチを行う。

 

参考図書:
『今日からはじめる超快眠術』(旬報社まんぼうシリーズ)著/志田美保子
『ぐっすり眠ってスッキリ目覚める 快眠のための朝の習慣・夜の習慣』(だいわ文庫)著/内海裕子 監修/白川修一郎

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠課題を抱える方をはじめ、よりよい睡眠で活動中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。

遅く起きる時期があった後、何時に寝始めても朝起きられなくなった

朝寝坊の習慣が抜けきらないと、これからの会社生活が心配ですよね。睡眠のリズムは、後ろへは倒れやすいのですが、逆…

深夜2、3時に目が覚めて、眠れない|昼夜逆転にならないか心配

アメルさん、かなりお疲れのご様子ですね。ムリに寝ようとするよりは、眠れるときに休息を取りながら徐々にリズムを作…

13歳|朝スッキリ起きられないのをどうにかしたい

りりこさん、朝スッキリ起きられたら、気持ちよく一日を過ごせそうですよね。寝起きを改善するための方法をいくつかご…