睡眠学研究レポート

長く眠っても倒れるほどの睡魔がある|短時間でもスッキリ起きたい

はこはこさんは、なかなか十分な睡眠時間の確保が難しく、質にも満足できていないご様子ですね。
特に、仕事中に倒れるぐらいの強い睡魔に襲われているとのこと、とても心配です。

睡眠不足が続くと、睡眠障害や、肥満、生活習慣病、うつ病などの発症率を高めたり症状を増悪させる危険性があります。
やはりきちんと睡眠時間を確保することは重要です。

お忙しいとは思いますが、昼間に仮眠を取り入れるなど、少しでも睡眠時間を確保できるように意識してみてくださいね。

その上で、ライフスタイルによってある程度短い睡眠時間でも元気に過ごせるように調整することは可能です。

食事をとるタイミングや毎日の入浴など眠る前の行動の他に、生活の規則性や日中の過ごし方が大切になってきます。

詳しい方法は、睡眠時間を無理なく短縮する方法にて紹介していますのでお試しください。

ポイントは、無理をし過ぎないということです。
無理をして睡眠時間を削ってしまうと身体に不調が出てきてしまうのでご様子をみながらご自分のスタイルを探してみてください。

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠課題を抱える方をはじめ、よりよい睡眠で活動中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。

バイトで就寝時間が変わる|朝起きれず、日中眠いを解消したい

みんさん、気持ちよく目覚めて、朝からスッキリ元気に活動したいお気持ちよく分かります。寝起き改善には、毎日の起床…

生理不順の原因と改善策|ホルモンバランスを整える方法

女性の身体はとてもデリケート。生活リズムの乱れやストレスによってホルモンバランスが崩れ、生理不順になってしまう…

短時間でスッキリ起きるには?|夕方2時間の仮眠はよい?

サドンデスさん受験勉強お疲れ様です。毎日夜遅くまで頑張っていらっしゃるのですね。短時間睡眠は一時的には耐えられ…