睡眠学研究レポート

掛け布団の上に毛布をかけるのが正しいって本当ですか。

 

羽毛布団であれば、その上に毛布を掛けるのがより効果的な使い方です。

 

羽毛布団は、身体から伝わる熱を利用して保温性が高まるつくりになっています。

そのため、肌に近いところで羽毛布団を使用し、熱が逃げないように上から毛布をかけてフタをするのが効果的な使い方です。

また、アクリルのような吸湿性の低い毛布だと汗を吸いにくいため、湯たんぽなどで温めると布団の中がジメジメしてしまい、気持ちよく眠ることができません。

このような場合も、掛け布団の上に毛布を使用するほうがよいでしょう。

監修

睡眠改善シニアインストラクター・睡眠健康推進員

安達 直美

国内大手航空会社において国際線客室乗務員として勤務後、寝装品メーカーの研究所で主任研究員として睡眠に関わる研究に従事。睡眠文化戦略コーディネーターを経て、現在職に至る。リラクセーションおよび眠りに関する商品開発およびマーケティングなどに携わる。

株式会社 エス アンド エー アソシエーツ 取締役 常務執行役員 COO

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠課題を抱える方をはじめ、よりよい睡眠で活動中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。

半分に折ったマットレスを抱き枕に使う寝方に適した寝具はある?

何かを抱きかかえたり、包まることで安心感を感じる方はいらっしゃいます。にゃーすさんが今の寝具に満足されているの…

オーダーメイド枕をロフテー枕工房で制作!値段や影響は

オーダーメイド枕は、自分の骨格や体型に合わせて、高さや柔らかさを変えることのできる枕です。毎日当たり前のように…

ベッドの選び方を教えてください。

十分に寝返りのうてる広さのベッドにしましょう。 理想は両手を広げてはみ出ない程度の大きさですが、難し…

睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開するメディア