睡眠学研究レポート

掛け布団の上に毛布をかけるのが正しいって本当ですか。

 

羽毛布団であれば、その上に毛布を掛けるのがより効果的な使い方です。

 

羽毛布団は、身体から伝わる熱を利用して保温性が高まるつくりになっています。

そのため、肌に近いところで羽毛布団を使用し、熱が逃げないように上から毛布をかけてフタをするのが効果的な使い方です。

また、アクリルのような吸湿性の低い毛布だと汗を吸いにくいため、湯たんぽなどで温めると布団の中がジメジメしてしまい、気持ちよく眠ることができません。

このような場合も、掛け布団の上に毛布を使用するほうがよいでしょう。

監修

睡眠改善シニアインストラクター・睡眠健康推進員

安達 直美

国内大手航空会社において国際線客室乗務員として勤務後、寝装品メーカーの研究所で主任研究員として睡眠に関わる研究に従事。睡眠文化戦略コーディネーターを経て、現在職に至る。リラクセーションおよび眠りに関する商品開発およびマーケティングなどに携わる。

株式会社 エス アンド エー アソシエーツ 取締役 常務執行役員 COO

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠課題を抱える方をはじめ、よりよい睡眠で活動中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。

快眠につながる枕の選び方!6つのポイント

枕の役割とは快適に眠るために欠かせない枕。その役割は、マットレス(敷き布団)と頭部、頸部の間にできる隙間を埋め…

マットレスの選び方を教えてください。

リラックスしてまっすぐ立った状態を、寝ているときにも自然に再現できるのが良いマットレスです。具体的には3つのポ…

車や飛行機などの移動中寝るときには、ネックピローを使ったほうがいいですか。

頭をきちんと固定し、船をこぐのをふせぐためにも使ったほうがいいでしょう。 頭が前に倒れにくい、360…