睡眠学研究レポート

カップルで寝るメリット|一人で寝る派の男、睡眠専門家に取材

カップルや夫婦などはパートナーと一緒に寝ると幸せや充実感を感じることができるのだという風潮があります。

しかし、睡眠の質を高めるためには一人で眠る方がいいのではないかという意見も。

 

カップルで寝ることにはどんな魅力があるのか、また独り身の方が「彼女がいる風」に眠ることのメリットはあるのか、睡眠改善インストラクターの和田さんにお話を伺いました。

 

世の中にはベッドで眠る人もいれば、布団で眠る人もいる。一人で眠る人もいれば、恋人や子供と一緒に眠る人もいるだろう。

そこに共通しているのは、我々は常に最高の眠りを求めているということだ。

 

この記事を書く私(地主)は一人で眠る派です!

この記事を書く私(地主)は一人で眠る派です!

 

しかし、カップルや夫婦というものは、どういうわけか一緒のベッドで寝ていることが多い気がする。

個人的には一人の方が格段にぐっすり寝れると思うのだが、パートナーは二人で寝るのが当然という風潮がある。

 

一緒に寝ているカップルの例

一緒に寝ているカップルの例

 

一人の方がベッドを広々と使うことができる。寝返り打ち放題。一緒に眠ると、相手のいびきやトイレに行く音などが気になる。

冬などは掛け布団を取られたりもする。最高の眠りを求めるなら一人で寝るべきなのだ。

 

一人だと全てが自由に使えます!

一人だと全てが自由に使えます!

 

私が完全なる一人で寝る派だ。どう考えても一人で寝た方が睡眠の質がいいはずなのだ。

なのに、幸せなカップルや夫婦は一緒に眠ろうとする。意味がわからない。

二人寝にどんな魅力やメリットがあるというのだ。ということで、専門家に聞いてみようと思う。

 

睡眠の専門家に話を聞きに来ました!

睡眠の専門家に話を聞きに来ました!

 

【睡眠改善インストラクターに聞く】カップルで寝るって何がいいの?

一人で寝ることがいかに素晴らしいことかを確認するために、睡眠改善インストラクターである和田和子さんを訪ねた。

ぜひ専門家の口から、「一人で寝ましょう!」と宣言していただきたい。

 

地主

いきなりですが、カップルや夫婦が一緒に寝るって睡眠の質的にどうなんですか?

和田さん

一概に良い、悪いとは断言できませんが、一緒に寝ることで安心感が得られると言われていますね

地主

一緒に寝ることで安心感!? 相手の寝返りやいびきが気になって安心感なんてないんじゃですか?

和田さん

たとえば、一緒に寝ることでパートナーの異変に早い段階で気づくことができます。無呼吸症候群やうつや認知症の前兆になる寝言に気づいたりするケースもあります。自分が寝ている間の状態はなかなか自覚できないものですから、二人で寝る大きなメリットですよ

地主

確かにそうかもしれませんが、相手が無呼吸症候群だった場合、急に呼吸しなくなったら気になって眠れないですよ。それこそ寝言なんか言ってたら、話しかけられたかと思って目が覚めちゃいますよね?

和田さん

確かに隣で寝ていたら、そういった問題は避けられません。でも大切なのは、お互いに愛情があるかどうか。一緒に眠るというのは、相手を思いやる気持ちがあってこそ成り立つものだと思いますよ

地主

専門家の口から「一緒に寝るなんて考えられへん」と、関西弁で強く言ってほしかったけれど、そうでもないらしい。
確かに、一緒に眠ることで相手の異変にいち早く気づけるという利点は大きい。深刻な症状になる前に、未然に防ぐことも不可能ではない

和田さん

確かに隣で寝ていたら、そういった問題は避けられません。でも大切なのは、お互いに愛情があるかどうか。一緒に眠るというのは、相手を思いやる気持ちがあってこそ成り立つものだと思いますよ

地主

愛情……か……

 

専門家の口から「一緒に寝るなんて考えられへん」と、関西弁で強く言ってほしかったけれど、そうでもないらしい。

確かに、一緒に眠ることで相手の異変にいち早く気づけるという利点は大きい。深刻な症状になる前に、未然に防ぐことも不可能ではない。

 

真面目にお話を聞いています

真面目にお話を聞いています

 

地主

でも、一緒に寝ることでデメリットもありますよね?

和田さん

あえて言うなら、睡眠の質が落ちることは考えられます

 

地主

ですよね、安心感では睡眠の質は向上せんのですよ!

和田さん

そうでもありません。実は一緒に眠ってスキンシップをとることで幸せホルモンと呼ばれる「オキシトシン」が分泌されるんです

地主

ホルモンの話が出てくるとは……。それ、何の役に立つんですか?

和田さん

ストレス緩和や自律神経を整えてくれるホルモンです。一緒に寝るといいことだってちゃんとあるんですよ

地主

でも、相手の寝返りが気になることでストレスになって、せっかくの「オキシトシン」がチャラになってしまいませんか?

和田さん

一緒に寝ると言っても、必ずしも同じベッドで寝なくてもいいんですよ

地主

え、そうなんですか?

和田さん

生活リズムや仕事の関係で就寝時間がずれてしまうことや、マットレスの好みが異なることってありますよね? そんなときは、シングルベッドを2つくっつける、布団なら2枚並べて敷く、みたいな方法でいいんです

地主

一緒の布団だとやっぱりストレスになるってことですよね

和田さん

先ほども言いましたが、結局は愛情の問題かもしれません。お互いに歩み寄って、なるべく負担を減らした最善の環境を目指すのがベストだと思います

地主

愛情…ね……

 

一緒に眠ることで分泌される「オキシトシン」というホルモン。

ストレスを和らげて幸せな気分にしてくれるだけでなく、記憶力や免疫力アップにもつながるらしい。

二人で眠るだけでこのホルモンを手に入れられるなんてすごいじゃないか。

 

白熱したインタビュー

白熱したインタビュー

 

地主

わかりました! 和田さん、一緒に寝てください!

和田さん

誰とですか?

地主

僕とです!

和田さん

お断りします。私、一人で寝る派なので

地主

……え? あれだけ力説して、和田さん、一人で寝る派なんですか?

和田さん

はい。地主さんと寝るのが嫌というのももちろんですが、私は一人の方がぐっすり眠れるんです

地主

今、サラッとひどいことを言いましたよね?

和田さん

確かに、睡眠の質を高めるためには一人で寝た方が環境を整えやすいですが、パートナーとの信頼感をアップしたい人は、より愛情を実感出来るように一緒に寝てみてもいいんじゃないでしょうか

地主

でも、和田さんは?

和田さん

一人で寝る派です。愛情も大事ですが、好みの問題もありますから

地主

たまに一緒に寝ている幸せそうな写真をSNSにアップする人がいるじゃないですか? 一人で寝る派の和田さんからすると、どのように思いますか?

和田さん

幸せそうだな、とは思います

地主

でも、睡眠の質だけを考えると…

和田さん

一人で寝ている私の方が上なんじゃないかな、と!

地主

和田さん、面白いな!

 

結局、「一緒に寝るかどうか」は最終的に「好み」で決めていいそうだ。

一緒に寝ることで得られる利点も大きいが、一人寝にも同様にメリットがある。

結局は好みなのだ。

 

だが、和田さんが教えてくれたように、部屋は同じでもベッドや布団を別々にするという方法もあるので、一緒に寝てみる価値はありそうだ。

 

ということで、家に戻ってきました!

ということで、家に戻ってきました!

 

独り身だけど、彼女がいる風「プラセボ彼女」と寝てみた

SNSを見ていると恋人と一緒にベッドに入っている写真をアップしている幸せカップルがいる。

そして和田さんが言っていたように、確かにその写真からは幸せホルモンをビンビンに感じる。

私は一人で寝る派だが、正直それを見ているとうらやましくなって眠れなくなってしまう夜もある。

 

ということで、幸福感を得るために恋人と一緒に寝ます!

ということで、幸福感を得るために恋人と一緒に寝ます!

 

私も女性と一緒に眠ることにした。彼女と一緒の布団で眠るのだ。一人用の布団なので、狭くはなる。彼女の寝返りやいびきなども気になるだろう。

しかし、私は女性と一緒に寝ることで、「オキシトシン」を手に入れるのだ。

 

本当は一人なんだけどね!

本当は一人なんだけどね!

 

そもそも一緒に寝てくれる彼女がいないのだ。私だって彼女と一緒に寝たい。

一人で寝る派だけれど、たまには一緒に寝たいのだ。

それが無理なので、上記のような方法で眠ってみた。これならいつでも自分の好きな時にだけ、彼女と寝ている気分が味わえるのだ。

 

手にファンデーションや、マニキュアを塗って、

手にファンデーションや、マニキュアを塗って、

片手を女性の手にして、

片手を女性の手にして、

カツラを枕元におけば、

カツラを枕元におけば、

幸せな写真が撮れます!

幸せな写真が撮れます!

 

和田さんに、上記の方法で眠ってもオキシトシンが出るのか聞いたら、そのような研究がないから知らない、と言われた。確かに、と思う。

しかし、やってみたら分かる。なんだか、写真を撮った瞬間はオキシトシンが出ている気がしている。

 

朝の目覚めも彼女と一緒!

朝の目覚めも彼女と一緒!

写真を撮ったら恥ずかしがる彼女

写真を撮ったら恥ずかしがる彼女

 

彼女より先に私が目を覚まし、寝顔を一緒に撮ろうとしたら、それに気がつき目を覚まし、顔を隠す彼女。そして、「やめてよ」と私の肩を叩くのだ。

私なら起こされたことに腹をたてるけれど、仲の良いカップルにとってはこれが幸せなのだ。

 

まぁ、一人だけどね

まぁ、一人だけどね

 

一緒に寝たら幸せだよ、そりゃ 今回、一緒に寝た方がいいのかという問題は「好み」という結果に落ち着いた。実際に一人でやってみたら、幸せに満ちた感じになった。

あくまでも写真だけだけど。そして、写真を撮っていると、本当に二人で眠れたらな、とは思った。

 

ただ私は一人で寝る派だから、一人で寝ているんです、睡眠の質が良くて幸せなんです、という強い信念がある人を装って行こうと思う。

 

このように撮っています、いつも一人で撮っている

このように撮っています、いつも一人で撮っている

 

地主 惠亮

執筆

地域づくり非常勤講師フミナー

地主 惠亮

異常に寝つきが悪く、早く布団に入っても朝焼けがいつも綺麗。東京農業大学で非常勤講師をしている。地域づくりが専門だけれど、自分の睡眠環境づくりにも勤しみたい。果たして地域と睡眠を両方つくり出すことはできるのか!

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠に悩む全てのビジネスパーソンへ向けて、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。よりよい睡眠で日中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、良い睡眠習慣への改善を総合的にサポートしてまいります。

寝不足で頭痛がおこるメカニズム|症状と対処法

寝不足で頭痛が起きてしまったという経験はありませんか? 寝不足で起こる頭痛には、じわじわとした鈍痛もあれば、耐…

覚醒とは?|スッキリ&ぐっすりのバランス

起床時刻よりも早く目が覚めてしまう、目覚ましをかけているのに中々起きられない…。それは「覚醒」と「睡眠」のバラ…

夕食後の睡魔でいつも眠ってしまう|何が原因?病気?

翡翠さんは、お母さまの夕寝をご心配されているのですね。お母さまの朝は早いですか?体力が減ってくると、夕方から就…

睡眠に関するご相談

Sleep Styles は、睡眠力でビジネスを加速するソリューションをご提案致します。
オンラインでのお打ち合わせも可能です。お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
TEIJIN
お問い合わせ
資料請求
TEIJIN