睡眠学研究レポート

月の満ち欠けが眠りにも影響?女性の心身に及ぼす影響とは

ようやく朝晩に涼しさを感じるようになった今日このごろ。9月は中秋の名月もあることから、絶好のお月見シーズンが到来です。ヨガのふるさとインドでは、月は“女性の象徴”とされています。

今回は女性特有の身体的リズムや睡眠ともかかわりがある、月の満ち欠け「ムーンサイクル」について紹介します。

 

月の満ち欠けと女性特有のバイオリズム

女性の中には、毎月の生理のサイクルが月の満ち欠けとシンクロしていることに気づいている方もいらっしゃるかもしれません。月の満ち欠けの周期は約29.5日間。一方、女性の生理は平均29.5日周期とほぼ同じバイオリズムを持っています。

また、受胎から出産までの妊娠期間(およそ265.8日間)は、月の満ち欠け周期の9カ月分とほぼ同じだといいます。

満月の夜にはお産が増えるなどとも言われますが、それは人間に限ったことではありません。ウミガメやサケでも満月の夜の産卵が観察できます。

生理のことを「月経」「月のもの」などと呼ぶことからも、女性の心身と月の満ち欠けには生命的な昔からのつながりが感じられますね。

太古から続く宇宙の生命サイクル

インドの古代学派「サーンキャ哲学」を軸に持ち、ヨガと姉妹関係といわれるインドの伝承医学、アーユルヴェーダでは、“私たちは宇宙の中に生きる 一つの小宇宙のような存在である”と考えられています。

たとえば宇宙のサイクルでは、太陽が東から昇り西に沈み、地球から見える月や星は、刻々と目に見える形を変えながら、一定の法則とリズムをもって移動しています。

また、地球上では微生物が植物を育て、植物は動物に酸素と食物を与え、動物はまた微生物に繁殖の場を与える循環と調和の関係があるように、私たちもその自然の仕組みのなかでたくさんの恩恵を受けながら生きています。

これら、優秀な指揮者によって奏でられるオーケストラのシンフォニーのような宇宙の生命サイクルは、太古の時代から脈々と続けられてきました。

先ほどご紹介した月の満ち欠けと女性のリズムの関わりについても、宇宙の生命サイクルの中でずっと受け継がれてきたものです。

月の満ち欠けが身体に及ぼす影響

では、月の満ち欠けがどのように私たちの身体に影響するのでしょうか

アーノルド・ L・リーバーというアメリカの医学博士が提唱した「バイオタイド理論」では、地球上の海の面積が70%なのと同じく、人間の身体も70%の水分でできていることから、月が地球におよぼす引力で月の満ち欠けによって生じる潮の満ち引きが、人間の体内でも起き、生物学的な潮汐が肉体や感情という人体システムにもなにかしらの影響を与えている、といいます。(余談ですが、女性が妊娠をして子宮に宿す羊水の塩分濃度も、海水とほぼ同じ)

その一つが、「満月の夜は眠りの質が落ちる」という月の満ち欠けで睡眠が影響されるエピソード。

満月の前後は、潮の満ち引きの差が最大になる「大潮」という潮回り。

最近の研究報告では、体内時計と連動することで、夕方~夜にかけ、副交感神経を優位にし、自然に眠気を誘う「メラトニン(別名:睡眠ホルモン)」の分泌量は、満月の日に近づくにつれて減少してくことから、睡眠時間は新月の夜に比べると平均20分短くなるのだとか。

そもそも、文明が発達する以前には、月の満ち欠けの周期で天候を読みながら、種まきや収穫という農作業をしていたように、自然と調和する暮らしが実践されていたといいます。

ところが、文明が発達することで暮らし方が変化し、女性の社会的な進出や役割などによって、女性の身体は大きな変化やストレスにさらされるようになりました。月の満ち欠けに応じた生活がしにくい現代では、自律神経やホルモンバランスの乱れから、心と身体にゆらぎを感じやすい人が増えています。

自分の身体と向き合いつつ、時にはのんびりと空に浮かぶ月を眺めるような、スローダウンした生活を心がけるのが、健やかな女性のライフサイクル送るきっかけになります。

もちろん、月齢カレンダーで月の満ち欠けの周期を把握しておくのも◎。月の満ち欠けの特徴をつかんでおけば、生命サイクルに無理に逆行しないゆるゆるした心身の整え方が見つけやすくなります。

次回の記事では月の満ち欠けと生命リズムの特性、ムーンデイ(満月・女性の月経期)におすすめのヨガを紹介します。

 

photo:Thinkstock / Getty Images

村上 華子

執筆

ヨガインストラクター

村上 華子

日本にパワーヨガを広めた立役者、綿本彰氏のもとでヨガを学び、28年ヨガ仲間とともに「HASYOGA(ハスヨガ)銀座」を設立。都内ヨガスタジオでレギュラークラスを担当する他、各種ヨガイベントにも出演中。また、雑誌やWEBでヨガネタを執筆するライターとしても活動の場を広げる。212年に第一子を出産後は、マタニティヨガや女性の健やかさを育むヨガの探求にも熱を傾ける。

Site: http://sabrinaheaven.blogspot.jp/

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠課題を抱える方をはじめ、よりよい睡眠で活動中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。

寝付けない原因を解消してくれる!? 白湯の作り方と効果の検証

睡眠の悩みを抱えるみなさま、こんにちは。寝付けない原因を探り、不眠を改善する方法を日々模索中の美容ライター&占…

妊活の基礎知識|妊活を無理なく続けるコツ【医師監修】

妊活とは、妊娠しやすい身体づくりをしたり、生活習慣を見直したりするなど、妊娠するための活動を指します。ここでは…

自分に合った睡眠は?|早く目覚めたとき・生理中の眠気の対処は?

ネムレンさんは、睡眠のリズムを変えると体の不調につながることを感じていらっしゃるのですね。夜の睡眠と日中の活動…