睡眠学研究レポート

朝スッキリ目覚める方法はこれ! 確実に早起きする方法まとめ

早起きに苦手意識がある方は多いはず。頑張って早く起きるなら、より良い目覚めを手に入れたい!早起きを習慣化させるためにも、朝スッキリ目が覚める方法をまとめました。

※本記事は医師の監修に基づいたフミナーズの記事を、編集部により再編集をしたものになります。

 

お盆休みを終え、なんとなく仕事モードに戻りきれないという人が多いこの時期。

休み中のダラダラした生活に別れを告げ、朝早めに目覚めることで乱れた生活リズムをリセットしたいもの。

改めて早起きを習慣化したいあなたに、朝スッキリ目覚める方法をまとめてみました。

 

夜更かししても目覚めスッキリ! 睡眠の質を高める準備とは?

普段忙しい人ほど、休みの日は充実した時間を過ごしたいとついつい欲張ってしまい、日中は遊びに出掛け、夜は観たかった映画や読書をするなど、夜更かししてしまうことが多いのでは?

そうすると、寝る時間が遅くなり、結局翌朝ダラダラと過ごしてしまうことに…。

 

時間を有効に使いたい人ほど、しっかりとした時間管理と、睡眠の質を高めて、朝スッキリ目覚める工夫が重要です。

ついついやってしまいがちな夜更かしの誘惑に打ち勝つコツは、こちらでチェックを。

夜の甘い誘惑に打ち勝つ!睡眠の質を高め、早起きを持続させるコツとは?

 

ちなみに、日曜日の朝の運動によって、平日の朝の目覚めの良さが変わるそう。休日を充実させる際にこのことを覚えておくと、良い生活サイクルが作れそうですね。

月曜日の憂鬱は「日曜朝の運動」で解決!1週間を乗り切る睡眠テクニック

 

また、睡眠の質を高めるには、心と身体をリラックスさせるために、ぐっすり眠れるようになる呼吸法を試してみるのもおすすめ。

友だちと遅くまでワイワイ遊んだ夜などは、寝る前に呼吸法をとり入れて、興奮した頭と身体を上手にリラックスさせ翌日に備えましょう

呼吸が変われば不眠も解消!朝すっきり、夜は自然に眠くなる呼吸法

 

そうは言っても、1人ではなかなか行動が変えられないという方は、朝スッキリと目覚められるようにしてくれるサプリメントを取り入れる方法もあります。

魚介類に多く含まれるグリシンや、チョコレートなどに含まれるGABA、お茶に含まれるテアニンといった成分は安全性が高く、手軽に入手することができますよ。

眠りはサプリメントが助けてくれる時代!快眠サプリメントの効果的な活用法

 

朝、ぱっちり目覚めるには「起床後のひと工夫」が大切

朝はきちんと起きたいと思っても、寝不足続きの状態ではなかなか身体が動きません。

休日、出かけようと思っていたのに、ゴロゴロしているうちに夕方…そんな経験もあるはず。なかなか布団から出られないときは、朝、自然に目覚めやすい環境を整えることから始めてみてはいかがでしょうか?

 

例えば、眠るときにカーテンをレースだけにしておき、日の出とともに部屋に日光が入ってくるようにしておくと、太陽の光を浴びることで身体のリズムが整い、目覚めやすくなります

朝起きられない人は、光と心をコントロールしてみよう。スッキリ布団から出る方法

 

心と身体を元気にするエッセンシャルオイルを活用するのも効果的。朝に使うなら、オレンジやレモン、ライム、グレープフルーツなどの柑橘系の香りや、さわやかなペパーミント、心身に活力を与えるローズマリーなどがおすすめです。

手軽に使うなら、簡単に作れるフレグランス・スプレーがおすすめ。少しの工夫で気持ちよく目覚められるので、今日から試してみてはいかがでしょうか。

目覚めのよい朝を続けたいなら!アロマセラピストおすすめの厳選アロマ!

 

早起きできた自分に「ごほうび」を!

朝起きてからの「ごほうび」を用意しておくのも、シャキッと目覚めるためのコツ。朝ご飯を「ごほうび」として工夫するのが、手軽でおすすめです。

「起きたら朝ごはんに大好きなフルーツを食べる!」など、ごほうびを眠る前に決めておき、自分のために用意しておけば起きるのが楽しみになるはず。

睡眠の質も上がる!“ちょい足し朝活”美容法

 

また、バランスのとれた朝食をとることで、眠りを促すホルモン「メラトニン」がつくられやすくなります。

メラトニンの材料になるトリプトファンは体内ではつくられないため、食事から摂取しなければならない栄養素。

メラトニンは食事をしてから約15時間後につくられるため、しっかり朝食をとることで、その日の夜に寝つきやすくなる効果もあります。

睡眠リズムは朝食で整う!睡眠ホルモン「メラトニン」をつくる方法

 

夏は朝日が昇るのが早く、早朝が過ごしやすい時間帯のため、早起きの習慣をつけやすい季節です。夏が終わる前に、自分にあった方法から取り入れて、スッキリとした朝の目覚めを手に入れましょう!

 

photo:Thinkstock / Getty Images

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠に悩む全てのビジネスパーソンへ向けて、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。よりよい睡眠で日中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、良い睡眠習慣への改善を総合的にサポートしてまいります。

2度寝、3度寝を無くしたい|時間に余裕ができて朝寝と昼寝をする

おがみえさんは、8時に目覚めた後、10時に眠気を感じていらっしゃるのですね。朝もスッキリと起きられていないのは…

【アーユルヴェーダの快眠効果】体質で知る睡眠タイプと快眠術

健康に睡眠が不可欠だということは、みなさんご存知の通り。しかし、「睡眠時間は充分なのになぜか疲れが取れない」「…

朝、なかなか起きられません。特に休み明けの月曜日、眠気が強すぎて仕事になりません。

体内時計によって制御されている寝起きのタイミングと、生活スケジュールで決められた実際の寝起きのタイミングのずれ…

睡眠に関するご相談

Sleep Styles は、睡眠力でビジネスを加速するソリューションをご提案致します。
オンラインでのお打ち合わせも可能です。お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
TEIJIN
お問い合わせ
資料請求
TEIJIN