睡眠学研究レポート

日光を浴びると、紫外線が肌に悪影響を与えるのでは? 「冬季うつ病」は改善したいけれども日焼けはしたくない…という場合はどうしたらよいでしょうか?

肌は隠したり日焼け止めを塗るなどの対策しつつ、目の部分は光を感じられるようにしておくことがポイントです。

 

「冬季うつ病」の改善には、目が光を感じることが重要です。たとえ日光浴をしても黒いサングラスで目を覆ってしまったり、目を閉じてしまっては意味がありません。

「冬季うつ病」の改善に必要なのは紫外線ではなく“光”なので、色の薄いサングラスなどで目の紫外線対策をしながら、しっかりと光を感じるようにしてください。

目でしっかりと光を感じることができればよいので、目の部分以外は、服で肌を隠すなどの日焼け対策をしても問題ありません。

監修

博士(臨床心理学)

岡島 義

認知行動療法および睡眠心理学を専門とし、睡眠問題が及ぼす精神・身体症状、対人関係、社会生活への影響について研究を続けている。主な著書に、『薬を手放し、再発を防ぐ 認知行動療法で改善する不眠症』(すばる舎)、『4週間でぐっすり眠れる本』(さくら舎)など。
東京家政大学 人文学部心理カウンセリング学科 准教授

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠に悩む全てのビジネスパーソンへ向けて、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。よりよい睡眠で日中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、良い睡眠習慣への改善を総合的にサポートしてまいります。

18歳|15歳から12時間眠っても眠く、昼間やる気が起きない

ゆーきさん、しっかりと寝ているはずなのに、昼間もずっと眠いのでは困ってしまいますよね。眠気がスッキリしない日が…

眠い時の対処法|寝ても寝ても眠いのはなぜ?

仕事中や勉強中に強い眠気に襲われた時、フミナーズ読者の皆さんはどのように乗り切っているでしょうか?実は眠気が訪…

目覚まし時計オススメ10選|朝起きれない理由と選び方

目覚まし時計をセットしたはずなのに、「アラーム音が聞こえない」「無意識に止めてしまい二度寝していた」という経験…

睡眠に関するご相談

Sleep Styles は、睡眠力でビジネスを加速するソリューションをご提案致します。
オンラインでのお打ち合わせも可能です。お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
TEIJIN
お問い合わせ
資料請求
TEIJIN