睡眠学研究レポート

「冬季うつ病」の改善には、どの程度の光を浴びると良いですか?

朝~昼間の強い光(約1万ルクス)を1〜3時間程度浴びることが必要です。

 

「冬季うつ病」の改善には、非常に強い光が必要です。そのために最も効率がいいのが太陽の光。

昼間は冬場でも1万ルクス程度の強さがあります。朝は1時間程度、昼間は2時間以上の光を、1週間程度毎日浴び続けることでサーカディアンリズムが少しずつ整っていきます。

 

日光の強い光を人工的な光で代用するのは想像以上に大変です。眩しいと感じる蛍光灯の光も意外に弱く、コンビニの店内も2000ルクス程度しかありません。

パソコンやスマホの画面も、最も明るく設定しても500ルクス以下程度。日光の代用にはなりません。

ただし最近では、人工的に高照度光を出す装置も開発されています。生活環境で自然光がなかなか浴びられない方にお勧めです。

監修

博士(臨床心理学)

岡島 義

認知行動療法および睡眠心理学を専門とし、睡眠問題が及ぼす精神・身体症状、対人関係、社会生活への影響について研究を続けている。主な著書に、『薬を手放し、再発を防ぐ 認知行動療法で改善する不眠症』(すばる舎)、『4週間でぐっすり眠れる本』(さくら舎)など。

東京家政大学 人文学部心理カウンセリング学科 准教授

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠課題を抱える方をはじめ、よりよい睡眠で活動中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。

夜の不安やイライラ、憂鬱…夜に高まるネガティブ思考の鎮め方

人は夜、不安感やイライラを感じやすくなったり、マイナス思考になったりします。皆さんも、寝る前に、自分の将来の不…

太る原因とは|「食べる時間」を意識したダイエット法

太る原因は食べる物や量よりも、食べるタイミングにあります。今回は、太る原因や食事の最適なタイミング、効果的なダ…

睡眠効率を上げるレコーディング睡眠法|睡眠専門医監修

目次眠れないのに寝床にいるのは人生最大のムダ寝床での無駄な時間を削り取る睡眠時間を微調整する眠れないのに寝床に…