睡眠学研究レポート

冬場、気分が落ち込みがちなときの対策はありますか?

 

冬場の日照時間が少ない時期は気分が落ち込みがち。

体内時計を狂わせ睡眠の質を下げてしまう「冬季うつ病」の予防と解消法について、早稲田大学人間科学学術院助教の岡島義先生にお話を伺いました。

 

>>冬に気分が落ち込んでいるとき、日光を浴びるのが効果的なのはなぜですか?

>>「冬季うつ病」の改善には、どの程度の光を浴びると良いですか?

>>日光を浴びると、紫外線が肌に悪影響を与えるのでは? 「冬季うつ病」は改善したいけれども日焼けはしたくない…という場合はどうしたらよいでしょうか?

監修

博士(臨床心理学)

岡島 義

認知行動療法および睡眠心理学を専門とし、睡眠問題が及ぼす精神・身体症状、対人関係、社会生活への影響について研究を続けている。主な著書に、『薬を手放し、再発を防ぐ 認知行動療法で改善する不眠症』(すばる舎)、『4週間でぐっすり眠れる本』(さくら舎)など。

東京家政大学 人文学部心理カウンセリング学科 准教授

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠に悩む全てのビジネスパーソンへ向けて、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。よりよい睡眠で日中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、良い睡眠習慣への改善を総合的にサポートしてまいります。

日光を浴びると、紫外線が肌に悪影響を与えるのでは? 「冬季うつ病」は改善したいけれども日焼けはしたくない…という場合はどうしたらよいでしょうか?

肌は隠したり日焼け止めを塗るなどの対策しつつ、目の部分は光を感じられるようにしておくことがポイントです。&nb…

体内時計の老化が睡眠不足の原因?体のリズムのメカニズム

「最近よく眠れない…」そう思うあなたの睡眠不足の原因は、「体内時計」が老化しているせいかもしれません。&nbs…

寝付けない原因を解消してくれる!? 白湯の作り方と効果の検証

睡眠の悩みを抱えるみなさま、こんにちは。寝付けない原因を探り、不眠を改善する方法を日々模索中の美容ライター&占…

睡眠に関するご相談

Sleep Styles は、睡眠力でビジネスを加速するソリューションをご提案致します。
オンラインでのお打ち合わせも可能です。お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
TEIJIN
お問い合わせ
資料請求
TEIJIN