睡眠学研究レポート

夜中お腹がすいて眠れないときの対処法は?

カロリーが低く、お腹がふくれるものを少量食べましょう。

 

寝る前に必ず夜食を食べるという人は、日中の摂取カロリーを調整しましょう。夜食の分を差し引いて食べないと、カロリー過多になってしまいます。

空腹感が気になるなら、低カロリーでお腹がふくれる食べ物・飲み物がおすすめ。

たとえば豆腐や牛乳、豆乳など、脳をリラックスさせるホルモン「セロトニン」の材料となるトリプトファンを多く含む食べ物・飲み物を温めて食べると、満腹感が得られ、快眠しやすくなるでしょう。

 

最近、「寝る前に何か食べないと眠れない」という睡眠摂食障害の人が増えています。原因や対処法については現在研究が進められています。症状が重いと感じる場合には、睡眠外来へご相談ください。

監修

医師・医学博士

遠藤 拓郎

睡眠学会認定医師。日本精神神経学会 精神科専門医。東京慈恵会医科大学助手、北海道大学医学部講師を経て、2005年にスリープクリニック調布、2007年スリープクリニック銀座、2009年スリープクリニック青山を開院。現在はスリープクリニックを統合し東京睡眠医学センター長を務める。睡眠に関するグッズ開発にも数多く携わっている。主な著作に、『4時間半熟睡法』『朝5時半起きの習慣で、人生はうまくいく!』など。

東京睡眠医学センター長(スリープクリニック調布 院長)

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠課題を抱える方をはじめ、よりよい睡眠で活動中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。

アスリートも実践!”炭酸”入浴の疲労回復効果とは?

疲れたとき、ゆっくりとお風呂に浸かりたくなる…、温泉に行きたくなる…。それは入浴に疲れをとるリラックス効果があ…

睡眠の質も上がる!“ちょい足し朝活”美容法

すっかり定着した「朝活」という言葉。朝の過ごし方は、美容にも大きな影響を与えるといいます。一方で、「キレイにな…

週2回の勉強会に参加しだしてから同じ睡眠時間でも疲れがとれない

さぽんさん、勉強会での刺激が脳を興奮させて眠りモードに切り替えにくくなっているのかもしれないですね。リラックス…