睡眠学研究レポート

夜中お腹がすいて眠れないときの対処法は?

カロリーが低く、お腹がふくれるものを少量食べましょう。

 

寝る前に必ず夜食を食べるという人は、日中の摂取カロリーを調整しましょう。夜食の分を差し引いて食べないと、カロリー過多になってしまいます。

空腹感が気になるなら、低カロリーでお腹がふくれる食べ物・飲み物がおすすめ。

たとえば豆腐や牛乳、豆乳など、脳をリラックスさせるホルモン「セロトニン」の材料となるトリプトファンを多く含む食べ物・飲み物を温めて食べると、満腹感が得られ、快眠しやすくなるでしょう。

 

最近、「寝る前に何か食べないと眠れない」という睡眠摂食障害の人が増えています。原因や対処法については現在研究が進められています。症状が重いと感じる場合には、睡眠外来へご相談ください。

監修

医師・医学博士

遠藤 拓郎

睡眠学会認定医師。日本精神神経学会 精神科専門医。東京慈恵会医科大学助手、北海道大学医学部講師を経て、2005年にスリープクリニック調布、2007年スリープクリニック銀座、2009年スリープクリニック青山を開院。現在はスリープクリニックを統合し東京睡眠医学センター長を務める。睡眠に関するグッズ開発にも数多く携わっている。主な著作に、『4時間半熟睡法』『朝5時半起きの習慣で、人生はうまくいく!』など。

東京睡眠医学センター長(スリープクリニック調布 院長)

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠に悩む全てのビジネスパーソンへ向けて、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。よりよい睡眠で日中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、良い睡眠習慣への改善を総合的にサポートしてまいります。

トップアスリートに学ぶ朝食メニューのポイントは?

トップアスリートは、朝食にどんなものを食べているのでしょう?1日をエネルギッシュに過ごすために、また、質の良い…

毎朝、今日も寝てるのかと不安になってしまう|よい解決策は?

シンタさんは睡眠に不満や不安をお持ちのようですね。まずは、ご自身の睡眠の状況を理解することから始めてみるのも良…

【完全版】風邪を速攻で治す正しい方法&予防法

忙しい毎日、「風邪をひいても、仕事は休めない」という人は多いかもしれません。でも、さらなる悪化を防ぐためにも、…

睡眠に関するご相談

Sleep Styles は、睡眠力でビジネスを加速するソリューションをご提案致します。
オンラインでのお打ち合わせも可能です。お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
TEIJIN
お問い合わせ
資料請求
TEIJIN