睡眠学研究レポート

食べてすぐに寝ると良くないのはなぜでしょうか?

太りやすくなるためです。

 

食べたものは体内の消化酵素により分解されて、ブドウ糖になります。

食事をして体内にブドウ糖が増え、高血糖状態になると、血糖値を一定に保つホルモン「インスリン」が働き、エネルギー源としてブドウ糖を各細胞に送り消費させます。

しかし、食べてすぐに寝てしまうと、ブドウ糖は使われません。

インスリンには、余った炭水化物や糖を脂肪細胞に送って蓄える働きもあるので、使われないブドウ糖は体内に溜めこまれることになります。これが肥満の原因になってしまうのです。

監修

医師・医学博士

遠藤 拓郎

睡眠学会認定医師。日本精神神経学会 精神科専門医。東京慈恵会医科大学助手、北海道大学医学部講師を経て、2005年にスリープクリニック調布、2007年スリープクリニック銀座、2009年スリープクリニック青山を開院。現在はスリープクリニックを統合し東京睡眠医学センター長を務める。睡眠に関するグッズ開発にも数多く携わっている。主な著作に、『4時間半熟睡法』『朝5時半起きの習慣で、人生はうまくいく!』など。

東京睡眠医学センター長(スリープクリニック調布 院長)

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠に悩む全てのビジネスパーソンへ向けて、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。よりよい睡眠で日中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、良い睡眠習慣への改善を総合的にサポートしてまいります。

夜中お腹がすいて眠れないときの対処法は?

カロリーが低く、お腹がふくれるものを少量食べましょう。 寝る前に必ず夜食を食べるという人は、日中の摂…

【親子で寝る前ヨガ】快眠ヨガ5つのポーズと実践のコツ

今の時代、寝つきの悪さは大人だけの問題ではなく、子どもの世代にも…。生活環境や生活様式の変化、または、スマート…

善玉菌増にヨーグルトより効果的なものとは?乳酸菌の基礎知識

善玉菌を増やすことはお腹の調子を整えるために大切、ということはみなさんご存じのはず。「便秘にはヨーグルト!」と…

睡眠に関するご相談

Sleep Styles は、睡眠力でビジネスを加速するソリューションをご提案致します。
オンラインでのお打ち合わせも可能です。お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
TEIJIN
お問い合わせ
資料請求
TEIJIN