睡眠学研究レポート

お腹がいっぱいになると眠くなりがちなのは、どうしてでしょうか?

食事をすることで体温が上がり、リラックスするためです。

 

人は、手足から熱を放出し、深部体温を下げて眠りに入りますが、その前に体温をいったん上げないと、下げるための仕組みがうまくはたらきません。

食事をすると、体温が上がると同時に血液の循環がよくなります。その後、手足から熱が放出され、一度上がった体温が急激に下がるため、眠気を感じやすいのです。

また、食事によって、交感神経優位の活動的な状態から副交感神経優位のリラックスした状態になるため、より眠りにつきやすい状態になります。

 

昼食後に眠くなってしまう人は、ランチメニューは熱いものや辛いものを控え、冷たい飲み物を飲むようにして体温の急激な上昇をおさえると、効果があるでしょう。

監修

医師・医学博士

遠藤 拓郎

睡眠学会認定医師。日本精神神経学会 精神科専門医。東京慈恵会医科大学助手、北海道大学医学部講師を経て、2005年にスリープクリニック調布、2007年スリープクリニック銀座、2009年スリープクリニック青山を開院。現在はスリープクリニックを統合し東京睡眠医学センター長を務める。睡眠に関するグッズ開発にも数多く携わっている。主な著作に、『4時間半熟睡法』『朝5時半起きの習慣で、人生はうまくいく!』など。

東京睡眠医学センター長(スリープクリニック調布 院長)

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠に悩む全てのビジネスパーソンへ向けて、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。よりよい睡眠で日中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、良い睡眠習慣への改善を総合的にサポートしてまいります。

むくみの原因と予防法|すぐできるスッキリ解消法!

朝起きた後や、一日中立ちっぱなしだった後に、顔や手足がパンパンになってしまう「むくみ」。この症状に頭を悩ませて…

自律神経コントロールで睡眠の質改善!タダでできる方法とは

自律神経のバランスを整える「片鼻呼吸法」や、冷えと緊張をといてくれる呼吸法など、快眠のコツのひとつに「呼吸」が…

布団に入ると身体がこわばり眠れない|お灸などを試したがダメ

みんみんさん、眠りたいのに寝れない日が続くと辛いですよね。体のこわばりを和らげるには、「筋弛緩法」がおすすめで…

睡眠に関するご相談

Sleep Styles は、睡眠力でビジネスを加速するソリューションをご提案致します。
オンラインでのお打ち合わせも可能です。お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
TEIJIN
お問い合わせ
資料請求
TEIJIN