睡眠学研究レポート

目もとを温めるのは、睡眠に効果がありますか?

目を温めると全身がリラックスするので、寝つきがよくなります

 

眼球を動かす動眼神経は副交感性の神経です。目を温めることで、副交感神経のスイッチが入り、リラックスモードに入るので、寝つきがよくなります。

最近は、目の周りを温めるホットアイマスクが人気ですが、疲れがとれると同時に、メラトニンの分泌を阻害する光も遮断してくれるので、これを使用するとより快眠に近づくことができます。

 

また、ホットアイマスクがない場合は、両手をこすりあわせて温かくなった手のひらをお椀のようにして、やさしく目に当てるという方法でもOK。

“手のひらを通して呼吸をしているようなイメージで”1分くらい目を温めると、とても楽になりますよ。

監修

快眠セラピスト・睡眠環境プランナー

三橋 美穂

寝具や快眠アイテムの開発、睡眠関連企業のコンサルティング、ホテルや旅館の客室コーディネート、テレビや雑誌のメディア出演など多方面で活躍。著書に「驚くほど眠りの質がよくなる 睡眠メソッド100」(かんき出版)ほか多数。

有限会社Sleepeace 代表

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠に悩む全てのビジネスパーソンへ向けて、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。よりよい睡眠で日中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、良い睡眠習慣への改善を総合的にサポートしてまいります。

睡眠専門医がグッスリ眠るために必ず守っていること6つ|睡眠ファースト習慣

わたしも以前は、仕事やプライベートのために睡眠時間を削っていました。しかし、睡眠に対する理解が深まるにつれて、…

睡眠負債 子どもへの影響は大人よりも深刻!:前篇

「睡眠負債」=積み重なった睡眠不足が、さまざまな疾患のリスクを押し上げるということは、テレビ番組や雑誌等で取り…

累計100万部突破! 快眠へと誘う「首ウォーマー」人気の秘密

2012年の発売後、「睡眠の悩みが解消された」と口コミで売上を伸ばし続け、累計100万部を突破したムック本『疲…

睡眠に関するご相談

Sleep Styles は、睡眠力でビジネスを加速するソリューションをご提案致します。
オンラインでのお打ち合わせも可能です。お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
TEIJIN
お問い合わせ
資料請求
TEIJIN