睡眠学研究レポート

お風呂上がりに飲むものは、どんなものを選ぶとよいですか?

内臓を冷やさない白湯がおすすめです。

お風呂上がりの給水は、入浴時に汗をかいて失われた水分を補うと同時に、睡眠時の発汗を促すためにも必要。ただし、せっかく温めた身体を冷やしてしまわないように、常温より温かいものを、コップ一杯分ほど摂取するようにしましょう。
おすすめなのは「白湯」。入浴後の身体の熱を冷まさないのと同時に、眠りのスイッチが入っている身体に刺激を与えにくいのでおすすめです。その他にも、ホットミルクや、ショウガ入りのハーブティなど、内臓を温める作用のあるものは◎。当然ですが、覚醒効果のあるアルコールやカフェイン、温まった身体を冷やしてしまう冷たい飲み物は、極力避けましょう。
 
監修:三橋美穂(快眠セラピスト・睡眠環境プランナー)
寝具や快眠アイテムの開発、睡眠関連企業のコンサルティング、ホテルや旅館の客室コーディネート、テレビや雑誌のメディア出演など多方面で活躍。著書に「驚くほど眠りの質がよくなる 睡眠メソッド100」(かんき出版)ほか多数。
HP:http://sleepeace.com/

監修

快眠セラピスト・睡眠環境プランナー

三橋 美穂

寝具や快眠アイテムの開発、睡眠関連企業のコンサルティング、ホテルや旅館の客室コーディネート、テレビや雑誌のメディア出演など多方面で活躍。著書に「驚くほど眠りの質がよくなる 睡眠メソッド100」(かんき出版)ほか多数。

有限会社Sleepeace 代表

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠に悩む全てのビジネスパーソンへ向けて、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。よりよい睡眠で日中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、良い睡眠習慣への改善を総合的にサポートしてまいります。

週2回の勉強会に参加しだしてから同じ睡眠時間でも疲れがとれない

さぽんさん、勉強会での刺激が脳を興奮させて眠りモードに切り替えにくくなっているのかもしれないですね。リラックス…

寝つきが悪い原因は3つ! スムーズに寝るための17の対策

「寝つきが悪い」とは、なかなか眠れない状態のことを指します。「入眠困難」ともいわれ、睡眠障害の一種の「不眠症」…

噛み合わせの悪さが不眠を招く! 鏡で確認する簡単セルフチェック方法

なんだか眠れない…というとき、その原因はもしかしたら「歯の噛み合わせ」にあるかもしれません。不眠の原因として思…

睡眠に関するご相談

Sleep Styles は、睡眠力でビジネスを加速するソリューションをご提案致します。
オンラインでのお打ち合わせも可能です。お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
TEIJIN
お問い合わせ
資料請求
TEIJIN