睡眠学研究レポート

睡眠効果UPの入浴方法とは?温度や時間、タイミングは?

ぬるめのお湯に15分くらい、全身浴でゆっくりと浸かりましょう。

 

お湯の温度は、夏は38〜40℃、冬は39〜41℃を基本に。全身浴をすることで、リラックス効果が得られます。

入浴のタイミングは、就寝1~2時間前を目安に、湯冷めをしやすい人なら就寝直前に、身体が火照りやすい人やすぐに眠れない人は、2〜3時間前に、調整してみてください。

脳と身体に眠りのサインを送るためにお風呂の照明を暗くすることや、入浴剤を入れると、保湿効果が高まって湯冷めしにくくなることも、覚えておくとよいでしょう。

入浴中は、手や足の末端をマッサージしてあげるのもひとつの手。血行がよくなって、身体もより温まります。

監修

快眠セラピスト・睡眠環境プランナー

三橋 美穂

寝具や快眠アイテムの開発、睡眠関連企業のコンサルティング、ホテルや旅館の客室コーディネート、テレビや雑誌のメディア出演など多方面で活躍。著書に「驚くほど眠りの質がよくなる 睡眠メソッド100」(かんき出版)ほか多数。

有限会社Sleepeace 代表

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠に悩む全てのビジネスパーソンへ向けて、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。よりよい睡眠で日中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、良い睡眠習慣への改善を総合的にサポートしてまいります。

ブルーライト対策のまとめ|ブルーライトが及ぼす影響と意外な活用法

ブルーライトはパソコンやスマートフォンなどのディスプレイから発せられ、長時間浴びていると身体にさまざまな悪影響…

【10分寝落ち】絶頂睡眠から学ぶ、すっと眠りにつくヒント

「寝落ち」した経験はありませんか?「ヘアサロンなどで頭皮マッサージをされるとつい眠気が…」なんてことがあるかも…

下半身の脂肪撃退エクササイズ!睡眠を味方につけて効果を加速

1年で最も露出が増える真夏。しかし、フミナーズ読者の皆さんの中にもお腹回りや下半身の脂肪を見ると、「とても薄着…

睡眠に関するご相談

Sleep Styles は、睡眠力でビジネスを加速するソリューションをご提案致します。
オンラインでのお打ち合わせも可能です。お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
TEIJIN
お問い合わせ
資料請求
TEIJIN