睡眠学研究レポート

朝よりも、寝る前にお風呂に入った方がよいと聞きます。その理由を教えてください。

お風呂に入ることで、深部体温が下がりやすくなり、寝つきがよくなります。

ぐっすりと眠るためには、「深部体温を下げる」ことが大切です。

深部体温とは、脳や内臓などの身体の内側の体温のこと。深部体温が下がりはじめることで、グンと睡眠のスイッチが入ります。

深部体温を下げるには、とにかくリラックスして血流をよくし、体の表面の皮膚温を上げ、熱を逃がすことがポイント。その手段としてお風呂はとても有効です。

お風呂に入れば、身体が温まり、血流がよくなるのはもちろん、深部体温の温度変化に落差が生まれるので、よりスムーズに眠りにつけるようになります。

また、夜の入浴は、「健康の維持」や「汗腺の汚れを落として汗をかきやすい身体をつくる」といった面でも重要になります。体温のコンディションを整えるためにも、できるだけ入浴するようにしましょう。

監修

快眠セラピスト・睡眠環境プランナー

三橋 美穂

寝具や快眠アイテムの開発、睡眠関連企業のコンサルティング、ホテルや旅館の客室コーディネート、テレビや雑誌のメディア出演など多方面で活躍。著書に「驚くほど眠りの質がよくなる 睡眠メソッド100」(かんき出版)ほか多数。

有限会社Sleepeace 代表

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠に悩む全てのビジネスパーソンへ向けて、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。よりよい睡眠で日中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、良い睡眠習慣への改善を総合的にサポートしてまいります。

シャワーで睡眠の質UP!最適なシャワー温度とリラックスのコツ

よく眠れる身体になるようにしっかり全身を温めることを意識しましょう。 シャワーだけで済ませる場合は、…

【睡眠うっとり美容】自律神経を整え心身を休息させる方法

多くの女性は、時間とお金をかけて、服や化粧品、美容にとご自身の価値を上げるための努力を惜しみません。しかし、そ…

疲れ知らず&良質な睡眠へ導く、マイルド加温の「HSP入浴法」って?

入浴は仕事や運動などで酷使した身体の疲れを和らげ、より良い睡眠に導くというのはすでに知られているところです。そ…

睡眠に関するご相談

Sleep Styles は、睡眠力でビジネスを加速するソリューションをご提案致します。
オンラインでのお打ち合わせも可能です。お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
TEIJIN
お問い合わせ
資料請求
TEIJIN