睡眠学研究レポート

夜型の人は太りやすいと聞きますが、本当ですか?

 

就寝時刻が遅く、睡眠時間が短くなるほど、肥満につながるという報告があります。

 

夜は寝るための時間であると同時に、日中に溜まった脂肪を燃やす時間でもあります。

しかし、サマータイムやフレックスタイム制の会社などを除けば、始業時刻が季節によって変わることはありません。

そのため、夏と冬では生物時計によって決められた睡眠のタイミングと、生活スケジュールによって決められた睡眠のタイミングとの間でズレが生じ、睡眠が不足することがあります。

 

食欲を促進するグレリンというホルモンは、睡眠中に減少します。逆に脂肪を分解するレプチンというホルモンは、睡眠中に増加します。そのため、寝ている間に脂肪が分解されるのです。

就寝時刻が遅くなると、グレリンの分泌量が多く、レプチンが少なくなるため、寝る前にたくさん食べてしまったり、脂肪を分解しきれなかったりして肥満につながることがあります。夜は脂肪がたまりやすい時間でもあるのです。

監修

博士(医学)

山仲 勇二郎

主な研究分野は、環境生理学、時間生物学、睡眠科学。日本時間生物学会評議員、日本生理学会評議員。環境生理学グループ久野寧記念賞(2012年)、日本時間生物学会学術奨励賞(2014年)。国内唯一の時間隔離実験室を使用し、ヒトの生物時計を対象とした時間生物学研究に従事している。主な著書に『体内時計の科学と産業応用(株式会社シナジー 2012年)』、『からだと温度の事典(朝倉書店 2010年)』など。

北海道大学大学院 大学院教育学研究院 健康体育学分野 准教授

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠課題を抱える方をはじめ、よりよい睡眠で活動中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。

60代男性|就寝中の深い眠りの時間は2~3割、理想的な割合は?

人の睡眠には個人差がありますが、年齢によって変わっていくことが分かっています。この変化は、総睡眠時間だけでなく…

平日朝から眠いことの対処は?|夕方からやっと活動できる

カミーユさん、朝から眠いと一日を始めていくのにいつもよりもエネルギーがいりますね。カミーユさんは、朝起きて夜眠…

朝型と夜型の人は何が違うのですか。

睡眠のタイミングやメラトニン分泌のタイミングなどが異なります。 生物時計の制御を受けるメラトニンとい…