睡眠学研究レポート

運動量の多いアスリートは不眠にならないのですか。

アスリートならではの理由で不眠になることもあります。

 

アスリートにとって、夜間に質の良い睡眠をとることは、競技パフォーマンスを維持するための重要な体調管理のひとつです。

しかし、激しいトレーニングを継続することで、自律神経のバランスが崩れ、睡眠中にも交感神経が優位な状態が続き、睡眠の質が低下する場合もあります。

また、大会前などには精神的なストレスを感じて眠れなくなることもあります。

精神的なストレスに対しては、好きな音楽を聴く、アロマオイルを使用する、入浴やマッサージをするなど、就寝前に心身ともにリラックスすることで、睡眠に適した体内環境を整え、入眠を促進することが期待できます。

監修

博士(医学)

山仲 勇二郎

主な研究分野は、環境生理学、時間生物学、睡眠科学。日本時間生物学会評議員、日本生理学会評議員。環境生理学グループ久野寧記念賞(2012年)、日本時間生物学会学術奨励賞(2014年)。国内唯一の時間隔離実験室を使用し、ヒトの生物時計を対象とした時間生物学研究に従事している。主な著書に『体内時計の科学と産業応用(株式会社シナジー 2012年)』、『からだと温度の事典(朝倉書店 2010年)』など。

北海道大学大学院 大学院教育学研究院 健康体育学分野 准教授

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠課題を抱える方をはじめ、よりよい睡眠で活動中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。

肌荒れ改善方法|肌質別のケア方法まとめ

多くの女性が悩みを抱える「肌荒れ」。自分なりにケアしているつもりでも、間違った方法では逆効果になってしまうこと…

少量の寝酒であれば、問題ないですか?

寝酒はおすすめできません。 寝酒を睡眠薬の代わりにする人もいますが、微量のアルコールは脳を興奮させ、…

貧乏ゆすりの原因と隠れた健康効果・適度な“ゆらゆら”が必要なわけ

座っている時に脚がカタカタカタカタ……貧乏ゆすりをしている人を見たらどのように感じますか?おそらく多くの人は「…

睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開するメディア