睡眠学研究レポート

時差ぼけになってしまったら、ホテルでじっとしているほうがよいのでしょうか。

現地の人と同じようにアクティブに活動しましょう。

 

じっとしているよりは、積極的に外に出て運動した方が、時差ぼけを早く解消できます。

運動といっても、軽いもので構いません。散歩をしたり、ショッピングに行ったりと、現地の人が生活しているのと同じように過ごすことが重要です。

ただし、光を浴びるタイミングによっては時差ぼけの解消を遅らせることもありますので、光を浴びたくない時間帯には、光を避けるためにサングラスを着用して過ごすとよいでしょう。

監修

博士(医学)

山仲 勇二郎

主な研究分野は、環境生理学、時間生物学、睡眠科学。日本時間生物学会評議員、日本生理学会評議員。環境生理学グループ久野寧記念賞(2012年)、日本時間生物学会学術奨励賞(2014年)。国内唯一の時間隔離実験室を使用し、ヒトの生物時計を対象とした時間生物学研究に従事している。主な著書に『体内時計の科学と産業応用(株式会社シナジー 2012年)』、『からだと温度の事典(朝倉書店 2010年)』など。

北海道大学大学院 大学院教育学研究院 健康体育学分野 准教授

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠課題を抱える方をはじめ、よりよい睡眠で活動中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。

「貧血」の症状とは?|背景にある病気の種類と対処法

ふらふらする、身体がだるいなどの症状で悩んでいませんか? もしかしたら、それは貧血が原因で起きているかもしれま…

早くベッドに入っても眠れるのは12時過ぎ|ぐっすり眠るには?

同じ時間眠っても、寝つきが悪く、浅い眠りが多くては心身が十分に休めません。深い睡眠を得られるよう、環境・習慣の…

ウォーキングの効果的な実践法|時間と歩き方について

ウォーキングは正しい方法で実践すれば、ダイエットにつながったり生活習慣病の予防になったりする、健康につながる運…

睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開するメディア