睡眠学研究レポート

時差ぼけになりやすい人はいますか?

高齢な人ほど、時差ぼけになりやすくなります。

 

高齢者を対象とした研究では、西方飛行時には、時差ぼけのなりやすさは若年者との差はみられませんでしたが、東方飛行時には若年者と比較して重症化することが報告されています。

つまり、高齢者では生物時計を早める必要がある東方飛行時に、時差ぼけ症状が重くなりやすいと考えられています。

監修

博士(医学)

山仲 勇二郎

主な研究分野は、環境生理学、時間生物学、睡眠科学。日本時間生物学会評議員、日本生理学会評議員。環境生理学グループ久野寧記念賞(2012年)、日本時間生物学会学術奨励賞(2014年)。国内唯一の時間隔離実験室を使用し、ヒトの生物時計を対象とした時間生物学研究に従事している。主な著書に『体内時計の科学と産業応用(株式会社シナジー 2012年)』、『からだと温度の事典(朝倉書店 2010年)』など。
北海道大学大学院 大学院教育学研究院 健康体育学分野 准教授

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠課題を抱える方をはじめ、よりよい睡眠で活動中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。

時差ボケとは?|その原因や症状、予防の対策、なったときの治し方

海外旅行や出張で、眠い・眠れない・だるいなどの症状を感じることはありませんか?それは体内時計と行き先の生活時間…

体内時計の老化が睡眠不足の原因?体のリズムのメカニズム

「最近よく眠れない…」そう思うあなたの睡眠不足の原因は、「体内時計」が老化しているせいかもしれません。&nbs…

寝言の原因と弊害

寝言の原因寝言は「睡眠中に何かを話している」状態のことを指し、小児の半数と成人の5%に見られる症状です。本人が…