睡眠学研究レポート

時差ぼけになりやすい人はいますか?

高齢な人ほど、時差ぼけになりやすくなります。

 

高齢者を対象とした研究では、西方飛行時には、時差ぼけのなりやすさは若年者との差はみられませんでしたが、東方飛行時には若年者と比較して重症化することが報告されています。

つまり、高齢者では生物時計を早める必要がある東方飛行時に、時差ぼけ症状が重くなりやすいと考えられています。

監修

博士(医学)

山仲 勇二郎

主な研究分野は、環境生理学、時間生物学、睡眠科学。日本時間生物学会評議員、日本生理学会評議員。環境生理学グループ久野寧記念賞(2012年)、日本時間生物学会学術奨励賞(2014年)。国内唯一の時間隔離実験室を使用し、ヒトの生物時計を対象とした時間生物学研究に従事している。主な著書に『体内時計の科学と産業応用(株式会社シナジー 2012年)』、『からだと温度の事典(朝倉書店 2010年)』など。
北海道大学大学院 大学院教育学研究院 健康体育学分野 准教授

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠課題を抱える方をはじめ、よりよい睡眠で活動中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。

年代別の睡眠時間、寝つき、中途覚醒と睡眠パターン|医師監修

年齢によって変わる睡眠パターン睡眠の様子は、年齢によっても変わってきます。・乳幼児期新生児は、授乳と排泄のため…

時差ぼけの主な症状は?

睡眠障害、消化器官系の不調などがあります。 ヒトの睡眠は体温の変化と密接に関わっており、夜間に体温が…

シニア世代の睡眠

シニア世代に入ると、若年期に比べて必要な睡眠時間が短くなります。年齢相応の適切な睡眠時間を目標に、生活習慣を見…